広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    タナキクマル

    タナキクマル再会

    ■広島巨人戦(マツダスタジアム)の試合中に、2塁上でタナキクマルが交流している動画が話題に。カープファン「懐かしい」「移籍してもタナキクマルは仲がいい」




    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    広島カープ2019年が日本一ラストチャンス夕刊フジ
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/02/19/kiji/20190219s00001173021000c.html


    広島、今季が「日本一」ラストチャンスか 江尻良文の快説・怪説

     【江尻良文の快説・怪説】

     広島・長野久義外野手(34)が沖縄2次キャンプの17日、シート打撃で移籍後初の“マルチ安打”。2年連続MVPの丸が巨人にFA移籍したダメージは、人的補償で長野を獲得したおかげで致命傷に至らない。

     「丸が抜けても大丈夫。広島は優勝争いをする」と辛口で知られる球界OBたちも太鼓判を押している。

     もっとも、今季リーグ4連覇、そして悲願の35年ぶりの日本一を達成しないと、来季以降はいよいよ予断を許さない。

     「丸がFA移籍したら、同学年で連帯意識の強い“タナキクマル”トリオは一気に完全消滅へ向かう」と広島OBたちが昨季中から危惧していた最悪のシナリオが、現実味を帯びているからだ。

    https://www.zakzak.co.jp/spo/news/190218/spo1902180016-n1.html



    ・小園が田中以上になることは確実。曽根も面白い存在だしルーキー林や羽月も楽しみ。言うほど悲観することはない

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    390: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2019/02/13(水)00:11:01 ID:WfE.lo.ab
    緒方監督1~3番悩む
    未知数先発陣に隙
    カープ緒方監督1番から3番で悩む

    緒方監督1~3番悩む 未知数先発陣に隙/梨田昌孝

    ~中略~

    昨季の阪神は、この広島に20ゲーム差をつけられた。これを引っ繰り返すのは並大抵ではない。でも、今シーズンは「3番丸」が流出した。単純に打率3割6厘、39本塁打のバッターが抜けるわけで、戦力ダウンは免れないのではと思ってしまう。

    そこで緒方監督を直撃すると「1番から3番をどう組むか悩んでるんです」と正直な答えが返ってきた。昨季は、タナ(田中広)、キク(菊池涼)、マル(丸)が基本形だったが、これが崩れた。オーダー再編を迫られた監督の心情は痛いほどわかる。

    もちろん打線を固定できればベストだろう。しかし今年は左右のピッチャーによって替えざるを得ないのではないか。例えば、右投手の場合は、野間が1番、左投手なら1番菊池涼、3番長野とかね。

    わたしとしては、1番から3番までの並びも注目しているが、4番鈴木に続く5番をだれが打つのかも興味深い。いろいろ組めるのは戦力層の厚さといえるが、そこにスキが見え隠れする。

    (全文はリンク先)
    https://www.nikkansports.com/baseball/column/analyst/news/201902120000786.html
    https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1549886156/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    タナキク解体
    Number(ナンバー)936号 カープの時代。

    広島・緒方監督、“名将”古葉超え期待も…難問山積 タナキクマル完全消滅危機

     クリスマスの25日に、50歳の誕生日を迎えた広島・緒方孝市監督。球団史上初のリーグ3連覇を達成した今季、34年ぶりの日本一奪回には失敗。来季以降の目標として持ち越しになったが、早くも難題山積だ。

     今オフ丸が巨人へFA移籍したのに続き、菊池涼がポスティングシステムによる来オフメジャー移籍を志願。恐れていた最悪のケースが現実味を帯びてきた。

     球団関係者、OBは以前から「“タナキクマル”トリオは同世代で連帯意識が強い。丸がFAで流出すれば、来年は菊池、再来年は田中が国内FA権を取得し広島を去る可能性が高い。打線の中心であると同時に、守りの生命線でもあるセンターライントリオが消滅する」と危惧していた。

    (全文はリンク先)
    https://www.zakzak.co.jp/spo/news/181226/spo1812260001-n1.html



    ・広島はある程度の主力流出は想定していると思う。
    だからこそ曽根だったり小園だったり次世代の戦力の育成にも力を注いでいる。


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    広島カープ菊池涼介FA巨人丸佳浩談話


    450: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/12/05(水)07:47:09 ID:aae
    広島・菊池涼、丸FA移籍も“丸~く”収める!常夏ハワイで熱くリーダー宣言

     このオフは、丸の移籍に加えて「お兄ちゃん」として慕っている新井も引退した。来季30歳シーズンを迎える菊池涼は「僕一人ではどうにもならないし、そんな技量はない」としながらも、「来年からは、頼れない。(田中)広輔、僕、(鈴木)誠也、まっちゃん(松山)、みんなで分散して、新井さんと丸の大きい穴を埋めていけば何とかなる」と自覚をにじませた。

     菊池涼自身も順調にいけば来季中に国内FA権を取得するが、「僕も来年。(田中)広輔も再来年。変なタイミングなのか、いいタイミングかわからないけど、みんなが通る道」と話すにとどめた。

    (全文はリンク先)
    https://www.sanspo.com/baseball/news/20181205/car18120505040001-n1.html


    452: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/12/05(水)07:50:01 ID:O77
    寂しそうやな菊池
    https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1543742086/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    広島カープタナキクマルゴールデングラブ賞表彰式

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/11/29(木)15:42:33 ID:6CG
    広島タナキクマル_ゴールデングラブ賞_表彰式 (1)

    「第47回三井ゴールデン・グラブ賞」の授賞式が29日、都内で行われ、広島からは菊池涼介内野手、丸佳浩外野手、田中広輔内野手が参加した。

     菊池は6年連続6度目。セ・リーグの二塁手部門での6年連続6度目の受賞は、今季限りで現役を引退した中日の荒木に並んで最長、最多になる。また獲得票数は3年連続でセ・パ最多になった。「広島のタナキクマルで取れたのはうれしい。打撃で迷惑をかけたので、守備では何とかしたいと思っていた」と話した。

    https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2018/11/29/0011861728.shtml

    2: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/11/29(木)15:43:11 ID:ahb
    広島のタナキクマル

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    広島タナキクマルゴールデングラブ賞初同時受賞

    広島 タナキクマルがそろってGG賞 菊池は田中の初受賞喜ぶ「広輔と共に…何よりうれしい」

    第47回三井ゴールデン・グラブ賞が8日に発表され、リーグ3連覇を果たした広島からは二塁手の菊地、遊撃手の田中、外野手の丸の3人が選出された。菊地と丸は6年連続6回目、田中は初受賞となった。

     初受賞の田中は「目標にしている賞でしたし、この賞を取るために毎日全力で頑張ってきたので素直にうれしいです」と喜びもひとしお。「これからも一つ一つのプレーを大事にしてまた受賞出来るように日々精進していきたいです」とさらなる活躍を誓った。

     菊池は6年連続の受賞。「選んでいただき大変光栄です。広輔と共に受賞することができて、何よりうれしいです」と二遊間を組む田中とともに受賞したことを喜び、コンビ愛をにじませた。

     丸も同じく6年連続6回目のゴールデン・グラブ。「選んでいただき光栄です。1年でも長くこの賞を取り続けられるように来季も頑張ります」と意気込んだ。

    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/11/08/kiji/20181108s00001173187000c.html

    839: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/11/08(木)15:05:50 ID:WHC
    第47回 三井ゴールデン・グラブ賞
    <セ・リーグ>
    投:菅野智之(巨)
    捕:梅野隆太郎(神)
    一:ロペス (De)
    二:菊池涼介(広)
    三:宮崎敏郎(De)
    遊:田中広輔(広)
    外:丸 佳浩(広)
    外:大島洋平(中)
    外:平田良介(中)

    843: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/11/08(木)15:09:47 ID:avb
    >>839
    コースケマジか
    おめでとナス!
    初めてか?
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1541576695/
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1541641313/
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    広島カープ聖域なしタナキクマル解体

    広島に“聖域”なし 「タナキクマル」復活までの内なる闘争


    「中では結構バチバチやってますよ」

     こう言うのは、広島のマスコミ関係者だ。

     リーグ3連覇を目前に控える広島。21日の阪神戦では8月17日以来となる1番田中、2番菊池、3番丸の「タナキクマル」トリオが復活した。

     この3人はどうあってもカープに欠かせない戦力なのだが、緒方監督は今季、この「トリオ」にあえて、メスを入れた。

    「緒方監督は開幕直前、『この形を変えるつもりはない』と言っていた。トリオはすでに“聖域”になりつつあったが、田中と菊池は開幕から打撃が低調だった。コーチの進言もあり、『タナキクマル』を解体したのです」(前出の関係者)

    (全文はリンク先)


    ・緒方は十分すぎるくらい我慢強いし、実績のある選手はぎりぎりまでチャンスを与える。ファンの中には「えこひいき」という人もたくさんいるくらい。

    でも、4年でリーグ優勝3回、三連覇という実績を見ればそのやり方が今のカープにはあってるということなんだろう。


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ