広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    デイリースポーツ

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/10/23(月) 22:02:39.30 ID:/OJPsZ9M0
    vNWR2bo

    2: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/10/23(月) 22:02:57.45 ID:4xT84Zk1d
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1508763759/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    緒方監督_結果論
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1433580302/
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1433572133/

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/06/06(土)17:45:02 ID:UQv
    緒方采配ダブルスチール失敗
    しかし、不可解な重盗だった。
    シアーホルツは左打者で、楽天の捕手・小関は、三塁送球がしやすい場面だった。
    状況的にもイチかバチかで1死二、三塁をつくる必要があったかは首をかしげる。

    一走・木村昇のスタートがやや遅れていたのも気がかりだ。
    「重盗のサインが出た」可能性に加えて、「鈴木誠の単独スチール」「サインの伝達ミス」なども考えられる。
     さらにシアーホルツの適時打で2死一塁としてから、投手のジョンソンに代打・松山を送ったのも不可解だった。代打を送られていた石原に代わって、会沢が次から捕手に就くのは確実な状況だった。ジョンソンの代打で打力がある会沢が入れば、左の代打・松山を次の好機に温存しておくこともできたはずだった。
    結局、六回に2番手で登場した今村があっさり2点を許して、反撃ムードは消沈。
    最下位に沈むカープの現実が、浮き彫りになる五回の攻撃だった。結局、なぜ重盗を仕掛けたのだろうか。

    http://www.daily.co.jp/baseball/carp/2015/06/06/0008097986.shtml?pg=2

    10: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/06/06(土) 15:31:21.43 ID:81uPOxrvK0606.net
    選手が緒方なら成功してるぞ
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ