広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    バイト

    転売屋広島の大学にバイトの求人票


    ■広島の某大学の学生生協に勤めているお母さんの元に、聞いたことのない会社から求人が届く。バイト内容は『カープチケットの抽選券(整理券)をもらうための“並び屋”業務』→お母さん激怒「教育上よくないので断りました」



    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/11/19(木)12:33:01 ID:alw
    広島ドラ1岡田母_バイト
    広島のドラフト1位・岡田明丈(22)は母・道子さんが女手ひとつで育てあげた。


     それまで家族は、閑静な住宅街である都内・練馬区の大泉学園で生活していたが、明丈が中3の時に両親が離婚。道子さんは、明丈が高校入学のタイミングで、今は大学1年の妹・明日馨さんと実家がある大阪へ転居。「受験とか引っ越しとかバタバタでした」と当時を振り返る。

     明丈は一般入試で大商大高に合格。本当に「バタバタした」のはそれからだった。

     道子さんは2人の子供を育てるため、昼は百貨店内のインテリア関係の店舗に勤務。夜はスーパーの店員として働いた。朝、家を出て帰宅は深夜。他にも不定期でホテルの配膳などの仕事もやっていた。1カ月のうち27日間は仕事。朝から晩まで働きづめだった。

     大阪に移った当初の住居は賃貸マンションだった。

    「でも、生活がきつかったのと、東京から引っ越したばかりで友達もまだ少ない。娘もいましたし、深夜まで家に子供たちだけというのは心配で」との理由から、1年で道子さんの実家でもある大阪市内の3LDKマンションに転がり込んだ。

    「私の父はすでに亡くなっていました。母が子供たちのご飯を作ってくれたり、明丈のドロドロのユニホームを手洗いしてから洗濯してくれたりと……練習用が2着しかなかった時もあったから、毎日大変だったと思います。母の助けがなかったら今はありません」
    (続く)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151119-00000018-nkgendai-base 
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1447903981/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ