広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    レギュラー

    小窪哲也3年ぶりホームラン

    1: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 19/06/01(土)20:31:59 ID:Dwx
    開幕前誰が予想したか
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1559388719/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    カープ小窪哲也サードレギュラー奪取

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2019/04/26(金) 13:27:33.21 ID:mekaTduF0
    時計の針が5年くらい遡って草
    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1556252853/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    カープ長野久義レギュラー確約なし若手と競争

    464: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2019/02/13(水)11:25:50 ID:Pog.oe.9b
    カープ長野レギュラー確約なし

    1番人気の“赤長野”レギュラーの保証なし!東出コーチ「若手と競い合って勝ち取ってほしい」


    広島・東出打撃コーチは、今年もクールに戦力を分析している。昨年の今ごろは「野間が化ける」と予言して見事に実現。今年のキャンプでは“赤長野”が1番人気だが「レギュラーになれるかどうかはあくまでも本人次第」とこう言った。

    「長野ぐらいになれば、どの程度の打撃の技術を持っているかは分かっています。ただ、この3~4年は精彩を欠いたシーズンもあった。長野が外野の定位置をつかみたいなら、若手と競い合って勝ち取ってほしい。そうしないと、ウチの若手も納得しませんからね」

    前巨人監督・高橋由伸氏が評論家として日南を訪れた際、東出コーチは巨人時代の長野の状態について質問したという。すると高橋氏は「最近の長野は本来の力の5割程度しか発揮できてなかった」と答えたそうだ。

    「眠っていた力を長野がどこまで取り戻せるか、そこが勝負ですよ。去年で引退した新井(貴浩)さんがウチに復帰した時(2015年)も最初は右の代打要員。そこから、本人が努力で4番の座をつかみ取ったんだから」

    (全文はリンク先)
    https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/1277977/

    466: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2019/02/13(水)11:31:17 ID:Hw2.lo.cl
    >>464
    まあ妥当やと思うで
    言うても人的補償で来とるんやし起用方法は忖度無用や
    https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1549886156/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    野間峻祥センターレギュラー奪取
    https://twitter.com/tss_tv_official/status/1080315152405213186

    野間峻祥センターレギュラー奪取_03

    広島野間峻祥外野手(25)が5日、マツダスタジアムで自主トレを行い、精力的にバットを振り込んだ。

    FAで巨人に移籍した丸佳浩外野手(29)に代わる中堅の定位置が目標。昨年は初めて規定打席に到達し、打率2割8分6厘、5本塁打、46打点、17盗塁の成績を残したが、気持ちはブレーク翌年の今季に向けている。「ライバルは全員です。また一からと思ってやっている」と話した。

    https://www.nikkansports.com/baseball/news/201901050000504.html


    ・優勝旅行を辞退して、トレーニングに時間を割いたって記事をみて正直驚いた。



    丸佳浩が抜けた穴をどう埋めるか。広島が「危機」を4連覇に変える術

    ~中略~

    あとは打撃でどれだけの数字を残せるか。「外野は打てないと使ってもらえない」と本人は危機感を口にする。

     それだけに2018年12月上旬のハワイへの優勝旅行を辞退。「(前年優勝旅行へ行って)オフが短く感じたから」とトレーニングに時間を充てた。

     今オフは、丸がいない室内練習場でひとり打ち込む姿が見られた。肉体強化に重きを置いた昨オフから、今オフは技術練習の比重を高めた。

     球場の施設を利用できるギリギリまでトレーニングを行ない、オフの間通い続けたジムでも自ら追い込んだ。「来年やらなければ終わり。それくらいの気持ちでやらないといけない」と悲壮な覚悟がにじむ。

     6年連続ゴールデングラブ賞受賞の丸に劣らない守備力は持っている。センターの穴を埋めつつ、バッティングでも上位打線を任せられるだけの成長を示したい。

    (全文はリンク先)
    https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2019/01/04/_split_4/index_2.php



    →もともと地元の選手やから応援してたけど、もっと応援したくなったわ!


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    安部友裕サードレギュラー

    広島・安部、正三塁手奪取へ猛ダッシュ! 機動力復活で亥年来季は猪突猛進


     広島の安部友裕内野手(29)が27日、機動力復活で三塁のレギュラー奪取を誓った。昨年9月に受けた右ふくらはぎへの死球が影響し、今季は体のバランスが崩れて腰痛を発症するなど思うように走ることができなかった。秋季キャンプで下半身を鍛え直し、走る土台作りは順調だ。

     安部は三塁のレギュラーをつかみ取るためのカギを機動力と捉えている。「スピードが落ちると首脳陣は使いづらい」と分析。一昨年まで自身の大きな武器だった走力を磨き直して勝負する。

    「走攻守3拍子でアピールする。競争が待っているので、負けない気持ちで頑張ります」。サバイバルの春季キャンプ。グラウンドを縦横無尽に駆け巡る。

    (全文はリンク先)


    ・西川の外野の練習開始も全て安部がサード固定が前提だと思います。むしろ、安部の活躍が4連覇のキーワードだと思います。期待してるよ。


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/12/03(月) 16:38:49.82 ID:XshFKq3n0
    マスパン堂林テレビ復帰

     枡田アナといえば、アイドル顔負けのルックスと抜群の愛嬌で、有吉弘行にも可愛がられるなど、局アナ時代はエース級の人気を誇ったが、2014年に広島カープの堂林翔太(27)と結婚すると、あっさり寿退社。

    「その後は夫の体調管理と育児に専念するため、仕事をセーブしてきました。ところが、昨年9月に第2子を出産してから、定期的に広島から上京してはテレビ出演をこなすようになったんです。乳飲み子に加えて、上の子もまだ3歳と子育ては大変なはず。そんなに働いて大丈夫かと心配の声が上がっている」(テレビ関係者)

    その理由は、夫の置かれる厳しい状況にあるとの見方も。

    スラッガーとして期待された堂林の成績は2014年の結婚以降、徐々に低迷。球団史上初となるリーグ3連覇を達成したチームの中で、堂林は50試合前後の一軍出場に留まっている。

    「11月の秋季キャンプでは、本来のポジション(三塁)でない一塁や外野に加え、守備の名手・菊池涼介(28)がいる二塁まで練習していました。出場機会を求めての練習ではありますが、首脳陣としては“使うところがない”というのが正直なところ。今季の推定年俸は1500万円ですが、契約更改での大幅アップは見込めない状況です」(スポーツ紙記者)

    そこで、枡田アナが“レギュラー”としてテレビ復帰に前向きということらしい。

    「事務所には古巣のTBSだけじゃなく他局の仕事もどんどん入れてほしいと希望しているそうです。基本は広島にいますが、収録で上京するときは子供を連れて行っている。関東圏に住んでいる枡田の親に子供を預けて、面倒を見てもらっているようです」(TBS関係者)

    “内助の功”は、来季の夫のレギュラー奪還につながるか。

    https://www.news-postseven.com/archives/20181203_815644.html

    25: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/12/03(月) 16:42:41.35 ID:qk63suaj0
    ノムさんはTBSでマスパンに会うたびに「野球選手と結婚は絶対にするな!!」って言ってたらしいで
    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1543822729/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    黒田博樹レギュラー番組OFLIFE

    黒田博樹氏、初レギュラー番組「OFLIFE」スタート 芸人、アスリートの“もうひとつの才能”紹介

    MBSテレビ新番組「OFLIFE」(火曜深夜1・59)が23日深夜にスタート。番組ナビゲーターを元メジャーリーガーで広島の黒田博樹氏(43)が務める。

     MBSテレビでは月~木曜の深夜枠(深夜1・59~)を「DISCOVER NEW STAR」として、新人や新たな才能の発見を応援している。月曜の「ENT」では演劇や舞台で活躍する新人を、水曜の「マンモスター」では歌やダンスの期待の新人を、木曜の「YUBIWAZA」ではe―sports界の選手を発掘、紹介。今回、火曜の「OFLIFE」(オブライフ)では、新たな一面を持つ芸人やアスリートを紹介する。
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/10/22/kiji/20181022s00041000325000c.html


    ・これは本当に楽しみだね!


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    西川龍馬サードレギュラー

    龍馬 三塁はオレが守る 打率も大幅アップ「シーズン最後まで出たい」


     広島・西川が今季中の三塁死守を誓った。リーグ戦再開後の9試合で32打数13安打と打ちまくり、4月戦線で1割台に低迷した打率は・296まで上昇。定評のある打撃力を生かし、「シーズン最後まで(スタメンで)出たい」と力を込めた。

     三塁を争う安部が不振で2軍落ちし、昨季42試合だった先発出場が今季は既に28試合。「昨季よりも充実感がある。4打席あると修正できるので、代打とは全然違う」。代打で勝負強い印象の昨季と一転、今季は先発出場での巧打が光る。

     技術的な手応えもある。「目付けが、ある程度できるようになった」。昨季は全部を芯に当てようとしたが、今季は詰まりやファウルを恐れない。「守備は難しいけど、試合で経験するしかない」。定位置獲りへ、一歩抜け出す構えだ。
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/07/04/kiji/20180703s00001173320000c.html


    ・持ち前のバッティングセンスは健在

    後は守備
    これを本当に磨いて欲しい


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ