広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    衣笠祥雄山本浩二ライバル
    http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20180426-OHT1T50201.html


    衣笠祥雄山本浩二ライバル

    衣笠さんと山本浩二氏は実は“犬猿の仲”だった 元ニッポン放送アナ・深澤氏が明かす

     
     23日夜に死去した元広島の“鉄人”こと衣笠祥雄(きぬがさ・さちお)さん(享年71)は現役時代、“ミスター赤ヘル”こと山本浩二氏(71)との名コンビで鳴らしたが、実は最初は犬猿の仲ともいえる関係だった。元ニッポン放送アナウンサーで2人と親交があった深澤弘氏(82)が、本当の仲を明かす。

     巨人の長嶋茂雄終身名誉監督が、よくこう言っていました。

     「僕の誇りはね、王(貞治ソフトバンク球団会長)と1度もいさかいがなかったことだよ」

     同じチームに力量が突出したスターが2人いれば、お互いに意識し合い、いつしか仲が悪くなる方が普通。奇跡的にONコンビの仲が良く、両雄が見事に並び立ったことが、巨人9連覇の原動力だったともいえます。

     何年か前、(山本)浩二さんにこの話をしたら、彼はこう声をひそめました。

     「僕とキヌ(衣笠さん)の仲は、決して良くなかったです。ライバルで、お互いにとげとげしかった。3番衣笠、4番山本で、僕はネクストバッターズサークルで何度も『打つな!』と念じました。キヌも同じ気持ちだったと思います」

    (全文はリンク先)
    https://www.zakzak.co.jp/spo/news/180427/spo1804270003-n1.html


    ・最初は不仲でも後に和解して良き仲間、良きライバルに


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    新井貴浩前田智徳対談5

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2016/04/14(木)13:10:24 ID:GVi
    フリーエージェント(FA)権を行使し、11月21日に広島から阪神へ移籍した新井貴浩内野手。敬愛する金本知憲外野手と再び同じチームになることを心から喜んでいるようだけど、11月8日のFA宣言時に、広島への愛着と優勝できるチームへの移籍の間で葛藤していたことを、涙ながらに語る姿も印象的だったのだ。

    しかし、新井選手は昨オフに「生涯広島」宣言をしたばかり。突然の“裏切り”を快く思っていない広島ファンは少なくないようで、ネット上では新井選手を批判する声が目立ち、11月29日には不満を抱いたファンが甲子園球場に対して繰り返し「爆破予告」をしていたとして警察に逮捕されるという事件も起きている。

    また、相次ぐ広島からの主力選手獲得に阪神ファンの間でも批判の声が上がっていて、FAが日本人の感情に合っていないではないかと改めて考えさせられたのだ。とはいえ、時間の経過とともに両ファンの心も落ち着いてきたようで、目下の関心事は新井選手の人的補償として誰が移籍するのかということになっている。

    こうしてファンの気持ちが落ち着いてきた中で、怒りが再燃するようなことを日刊ゲンダイが伝えている。同紙が報じているのは、新井選手FA移籍の“真相”。新井選手はFA宣言する直前まで広島と残留交渉を続けていたのだけど、残留の条件として球団幹部に強く要求していたことがあったというのだ。

    その条件とは、ある選手をレギュラーから外すこと。その選手の存在がチームの弱体化を招いていると訴え、「あの人を外してください」「僕をとるんですか? あの人をとるんですか?」(日刊ゲンダイより)と選択を迫ったのだという。

    なにやら穏やかでない話だけど、「あの人」とは前田智徳外野手のことなのだそう。
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1460607024/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃


    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2016/04/04(月) 08:26:10.15 ID:JsKWcMrj00404.net
     オープン戦5試合で防御率1.89、19イニングで18奪三振(3月30日現在)と結果を残したロサンゼルス・ドジャースの前田健太(27)は、4月6日(日本時間4月7日)にメジャー初登板に挑む予定だ。 

     日本球界を代表するエースを誰よりも心配しているのが、前田の母親、幸代さんだ。 

    「アメリカでどんな暮らしをしているか、体は大丈夫なのか、聞きたいことは山ほどあります。でも、あの子の結婚式でいろいろとありまして、連絡がとりにくい状況なんです……」 

     2012年12月、前田はフリーアナウンサーの成嶋早穂(30)と結婚披露宴を行なった。 広島カープの当時の監督である野村謙二郎氏や球団オーナーの松田元氏をはじめ約400人が出席したが、そこには前田の親族はおろか両親の姿すらなかった。成嶋の親族は出席していただけに、参加者は疑問に思ったという。幸代さんが語る。 

    「結婚式の進め方で私たちと健太たちの間で意見が対立したことが原因なんです。 

    怒った健太が“そんじゃもうええわ”と日取りや場所を一方的に決め、相手方の親御さんとも話し合えなかった。お互いの家族にも相談しながら決めるのが結婚式だと思っていたのに……私たちが欠席したので親族も誰も参加していません」 

     2013年9月には第一子となる女児が生まれたが、これもずいぶんと時が経ってからの報告だったという。 

    「結婚式だけでなく他にもいろいろとありましてね。しばらく連絡を取り合うことを拒否されていました。私たちのほうから歩み寄って、今は年に1、2回は会えるようになりました。 

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160404-00000004-pseven-spo

    http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livebase/1459687509/0-
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1459725970/

    752: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2016/04/04(月) 08:58:50.26 ID:wHUmQJYKK.net
    マエケンは実家と微妙な関係だったのか。
     
      続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ