1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/12/09(水) 13:13:59.18 ID:CAP_USER*.net
両リーグでのトリプルスリー達成、西武ライオンズ秋山翔吾の最多安打数記録更新、広島カープに「男気」復帰した黒田博樹など、今年のプロ野球も話題は尽きなかった。

そんな中、両リーグの観客動員数は、セ・リーグが13,510,900人、パ・リーグが10,726,020人と、共に記録を更新。
地上波の視聴率低下などプロ野球の人気低迷が囁かれているが、プロ野球人気が根強いことを証明した。

以下は各球団の観客動員数の内訳。
no title


ここで、注目すべき球団を2つ挙げてみたい。

まずは、球団初の年間観客動員数200万人を突破した広島カープ。
前年の流行語にもなったカープ女子ブームに加え、黒田博樹の復帰で人気が爆発。年間指定席が即日完売するなど、チケット入手も困難なほどであった。


優勝の期待も高かった今シーズンだが、残念ながら4位と低迷。
それでも最終戦までCS進出の可能性があったこともあり、それが観客動員の伸びにつながったひとつの要因だろう。


また、来場総数では4位ながら、平均入場者数29,722人という数は、最大収容32,000人のMAZDAスタジアムにおいては毎試合約93%の集客率となる。

さらに、カープは本拠地だけでなく、ビジターゲームでもその人気を爆発させた。神宮球場では、1試合平均が23,021人に対し、カープ戦では平均30,352人。
黒田が登板した試合にいたっては、平均31,037とさらに上昇、その人気の程が伺える数字となった。

来季は、エース前田健太のメジャー移籍が確定的、黒田もその去就が未定と、今シーズン以上の苦戦が予想される。人気を維持するためにも正念場となるだろう。

http://dailynewsonline.jp/article/1052966/
デイリーニュースオンライン2015.12.09 12:30
6: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/12/09(水) 13:19:52.87 ID:pKPv7Fek0.net
注意!山高ければ、谷深し
 
続きを読む⊂( ●▲●)⊃