広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    内田順三

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    金本監督広島カープ
    https://www.daily.co.jp/opinion-d/taidan/2019/06/11/0012414756.shtml


    金本×新井さんと鈴木誠也の共通点

    名伯楽・内田順三氏の想像を超えた選手たち 共通点とは

    ~中略~

    金本同様、新井も努力のふた文字なくして語れない選手だろう。広島とパイプの太かった駒大から、98年ドラフト6位で入団。体は大きかったが、大学でも通算2本塁打。周囲も「何とかものになれば」というくらいの評価で、まさか名球会に入るほどの選手になるとは誰もが思わなかっただろう。

     守備も課題だらけ。駒大の先輩である大下ヘッドコーチが朝からずっとノックをガンガンやっていたが、「これだけやっているなら新井を試合で使うのも当然だろう」と周囲を納得させるほどの練習量だった。

     金本の背中を見て育った新井。これは江藤もそうだったが、彼らに共通するのは体が元気なこと。けがもしない。過酷な練習をしても、すぐ元気になる。多くの選手は辛抱するのが精いっぱいで顔に出るものだけど、彼らにはそうしたことが全くなかった。

     その後、広島・鈴木誠也の2軍時代に指導した経験があるが、彼を見ていると、金本や新井の姿に通ずるハートの強さがあった。いい意味で眼力の鋭さがあり、なにくそ精神でこちらにぶつかってきていた。会うたびに、体もどんどん大きくなっている。技術だけではない、ハートや体の強さ。若手が育つカープの土壌には、こうした伝統がしっかり根付いている。

    (全文はリンク先)


    ・広島に入団した頃の金本はガリガリでプロでやっていけるのだろうか?と思うくらい力感がなかった
    まさか後にあんなにビルドアップするとは・・・

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    中崎翔太
    https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/12/12/0010811704.shtml
    球界金銭事情「10の疑問」プロで50年の内田順三氏が答える

    今季の日本球界最高年俸は巨人・菅野智之の6億5000万円。成績次第で大金が稼げるプロ野球の世界だが、何かと謎も多い。

    昨年まで巨人で巡回打撃コーチを務め、広島、巨人で指導歴37年、現役を含めて計50年間、プロのユニホームを着続けた内田順三氏(72)に、球界の金銭事情について聞いた。


    【問1】契約金、年俸はどうやって支払われますか?巨人、広島など球団によって違いますか?

    契約金は12月に半分、翌年1月に半分が振り込まれるケースが多いと聞いたことがあります。

    昔は「これだけもらえるよ」と本人に現金を見せてプロ野球選手になったことを自覚させた、なんて時代もありましたが、今は銀行振り込み。

    ドラフト1位の選手の契約金の上限は1億円プラス出来高払い5000万円。そのため、5000万円は入団当初ではなく、「3年間の一軍の登録日数」といった条件をクリアした時点で支払われます。

    年俸はどこの球団も12分割で月給制ではないでしょうか。


    【問2】そのうち、税金でいくら引かれますか?

    例えば年俸1億円の選手なら、半分近い額が税金として引かれます。

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/272071

    ・コーチの年俸が1000ー2000万程度と聞いたことがあります。監督や選手に比べて安いのに驚きました。

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    オールスターファン投票_広島カープ
    https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/06/26/0010316714.shtml

    広島はなぜ選手が育つ?巨人と相反する球団方針に答えアリ【名伯楽 作る・育てる・生かす】

    【名伯楽・内田順三「作る・育てる・生かす」】#48

     私の指導者人生で基礎となったのは、ドラフトで指名した生え抜きの選手を育てていくカープでの経験だった。

     対照的に資金が豊富な巨人は、FAなどの補強を重視してきた。逆指名制度があった1990年代から2000年代、有望な即戦力選手の多くが巨人に入団した。広島は将来性を買って高校生を指名し、育てるしかなかった。

     そんな側面があるから、広島は一軍から二軍まで一貫した指導が求められる。松田元オーナーは「監督は激務だから5年で代える」とはっきり言う。一方で「コーチはカープの財産。だから代えない」と言ってくれる。首脳陣が代われば練習内容だって変わる。

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/271574



    ・能力もだけど、やはり人柄や立ち振る舞いなども加味して(ドラフトで)選んでいる。


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    岩本貴裕
    指導者として最大の後悔 広島岩本は名球会級の才能だった

    私が「名伯楽」などと言ってもらえるのも、携わった選手がうまく育ってくれたおかげ。

    しかし、全員が思い描いたような結果が残せたわけでは、もちろんない。名球会に入るような超一流選手にも劣らない才能があったと思う男がいる。

    パワーヒッターでありながら、逆方向にも長打が打てる柔軟性も併せ持っていた。だが、大成しなかった。残念でならないのが、昨季限りで現役を引退した広島の岩本貴裕である。

    広島商では高校通算52本塁打。亜大でも東都大学リーグ歴代4位の通算16本塁打を放った。2008年のドラフト1位で広島に入団。

    1991年の町田公二郎以来となる大卒野手の1位で、金本知憲の背番号10を引き継いだ。地元出身の左の和製大砲への期待の大きさは、新球場のフェンスの高さにも表れた。

    ちょうど入団1年目の09年に開場予定だったマツダスタジアムの左翼ポール際のフェンスは当初、7メートルの「グリーンモンスター」にする計画だったと聞く。

    それが、左打ちでも左翼方向への長打が持ち味だった岩本を獲得することが決まり、右翼と同じ3・6メートルに急きょ変更した経緯があるそうだ。

    (全文はリンク先)
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/270778

    ・内田さんはカープ離れても岩ちゃんを気にかけてたんだ

    岩ちゃんも嬉しいんじゃない?それとも申し訳なく思うんだろうか

    とにかく第二の野球人生を頑張って欲しい

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    鈴木誠也内田順三
    広島2軍監督時代、鈴木誠也に指導する内田順三氏=大野練習場


    誠也は巨人コーチの私に電話し「打撃フォームを変えます」と【名伯楽 作る・育てる・生かす】
    【名伯楽「作る・育てる・生かす」】#16

     広島の4番・鈴木誠也から私の携帯電話に着信があった。

     巨人の二軍打撃コーチだった2018年、シーズンの終わり頃である。打率・320、30本塁打、94打点の好成績を残した年。ところが、誠也は電話口でこう言った。

    「バッティングフォームを変えようと思っているんです」

     私は驚いた。

    「3割打っているのに変える必要なんてないんじゃないか? シーズンが終わってから秋のキャンプで課題として取り組めばいいんじゃないか?」

     シーズン中に微調整はしても、普通は大きく変えることはまずない。ましてや結果も出ている。しかし、同時に頼もしさとうれしさを感じた。広島と巨人に分かれていたが、そういう会話ができるのはコーチ冥利に尽きる。選手とコーチという間柄でなくなってもつながりが切れない。そんな付き合いができるコーチになりたいと思っていたからだ。


    ※内田順三は、鈴木誠也が入団した2013年のカープ2軍監督で恩師→その後巨人の打撃コーチに。

    (全文はリンク先)



    ・内田順三さん!懐かしい。
    誠也も律儀ですね。


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ