広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    勝ちパターン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    広島カープ三本の矢
    https://twitter.com/Sponichi_Carp/status/1377545291759423492

    ■ルーキー3人による勝ちパターン『ドラ2森浦→ドラ3大道→ドラ1栗林』に「JFK」のような愛称を付けるとしたら何?

    ※アンケート実施中(回答すると結果が見れます)


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    広島カープ_ロングリリーフ
    https://twitter.com/Sponichi_Carp/status/1313413340530569216

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 21/03/22(月)22:07:12 ID:5kj
    ガチでルーキー3人な模様

    2: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 21/03/23(火)07:58:13 ID:zN4
    この3人がJFKみたいに無双すれば優勝あるで
    https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1616418432/
    https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1616327202/
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    カープは『延長なし9回打ち切り』で有利になる?
    https://www.chugoku-np.co.jp/carp/article/article.php?comment_id=727656&comment_sub_id=0&category_id=124

    9回打ち切りで野球の何がどう変わるか…恩恵を受ける球団は?

    今季のプロ野球は、新型コロナウイルスの感染拡大予防のための行政の営業時間短縮要請に対応するため、異例の延長戦無し9回打ち切りの特別ルールで行われることになった。昨年も延長10回打ち切りのルールだったが、さらに1回短くなることで野球は変わるのか。恩恵を受けるチームはどこか。元千葉ロッテの評論家、里崎智也氏の意見を参考に考察してみた。

    「早仕掛けでベンチワークが変わる可能性」

    たかが1イニング、されど1イニング。

    異例の9回打ち切りで野球が大きく変わる可能性がある。間違いなく引き分けが増える。昨年は延長10回に短縮され、セ・リーグで24試合、パ・リーグで16試合の引き分けがあった。2019年はセで7試合、パで11試合、交流戦で4試合だったから、大幅増。今季は、さらに増加するだろう。

    球団別に昨季の引き分けを見ていると、セでは巨人8、阪神7,中日5,横浜DeNA6、広島12、ヤクルト10で最多が広島で最小が中日だった。広島は勝利方程式が崩壊、最後まで抑えが確立できず土壇場で追いつかれて引き分けで終わった試合が目立った。逆に中日は福、祖父江、マルティネスの勝利方程式が確立されていた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c4c620f675906ddfe745ef7d01c7f906ea63f860?page=1


    ・ルーキー三銃士の勝ちパが無双できるなら、カープも9回打ち切りで有利になる。

    問題は連投が続くと、シーズン後半にルーキーの状態がどうなるかわからないこと…。


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    カープ勝利の方程式2021は『1+3』

    325: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 21/03/11(木)20:51:08 ID:wl.fo.L12
    「1+3」が21年広島の勝利の方程式?カープ観測

    佐々岡監督 7回は誰、8回は誰というよりも、連投をさけられる投手がいれば、(起用も)幅広くなるし、選択肢も広がる。

    永川投手コーチも「7、8(回)が一番しんどい。理想は3人の誰が投げても結果を出してくれること」

    (全文はリンク先)
    https://www.nikkansports.com/baseball/news/202103110000892.html
    セットアッパー三人構想ってのは正しいわな抑えが登板過多になったときに誰かが休ませることもできるかもしれんし問題は果たして揃うのか?ということやけど



    326: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 21/03/11(木)20:52:50 ID:qw.xw.L31
    仮に栗林が抑えと仮定した場合、ケムナ塹江島内森浦大道から3人
    まあ揃わんことはない(質はわからん)

    327: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 21/03/11(木)20:54:09 ID:wl.fo.L12
    >>326
    ここから菊池保中崎一岡も入るかもしれんしワンチャン行けるか…?
    https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1615361473/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    栗林森浦
    http://pict-dd.cocolog-nifty.com/carp/2021/03/post-716403.html

    710: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 21/03/10(水)15:22:48 ID:L9.6f.L11
    森浦完璧やね
    カープ栗林&森浦5試合連続無失点
    https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2021/03/10/0014140062.shtml

    709: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 21/03/10(水)15:22:41 ID:qf.7e.L9
    物の違いを見せつけるスタイル
    https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1615349476/
    https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1615361473/
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    カープ塹江「勝ちパターン以外に自分がやることはない」

    広島・塹江に芽生えた「勝利の方程式」の自覚 「勝ちパターン以外に自分がやることはない」

    ◇オープン戦 広島1ー0ヤクルト(2021年3月6日 マツダスタジアム)

     広島・塹江が1―0の最終9回に3番手で登板。「開幕後に自信を持って投げるための過程。内容はあまり良くない」と反省しながらも無失点に抑え、守護神テストを続ける首脳陣をうなずかせた。

    昨季19セーブのフランスアは2軍調整中。新人の栗林、大道に続く守護神テストに「腕は振れていた。後ろの投手は今後も試す」と指揮官。塹江は「決めるのは首脳陣ですが、勝ちパターン以外に自分がやることはないと思っている」と強い意欲をにじませた。 (江尾 卓也)

    (全文はリンク先)


    ・抑えはまず四球を出さず三振取れる人でないと
    あとは踏ん張り力がある人

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    12球団ファン『カープの勝ちパターン』を言えない
    https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2020/05/31/0013385660.shtml

    1: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 21/02/12(金)14:17:47 ID:9en
    フランスア来日遅れでガチで言えない
    https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1613107067/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    【疑問】カープの勝ちパがほんの数年で崩壊した理由
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/11/26/kiji/20201125s00001173468000c.html

    1: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 21/02/05(金)12:13:37 ID:16f
    なんで全員壊れてもうたんや?
    https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1612494817/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ