広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    取材

    菊池涼介平田良介

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/12/05(火) 09:53:59.48 ID:S2VOhBVaa
    <竜盛再び>第2章 ファン獲得のヒント(1) 広島・松田オーナー「リピーターを増やすには地域密着の努力が必要」

    ドラゴンズがかつてのように強く、また魅力ある球団になるためにはどうすれば良いか。

    第1章では他球団の戦力補強や育成方法などを紹介しながら今後の道筋を探った。
    第2章では地域密着や新たなファン開拓に成功した球団の例を挙げながら、球団の理想像を追い求める。

    第1回は今や球界屈指の人気球団となった広島の松田元(はじめ)オーナー兼球団社長(66)に球団経営の考え方や、 マツダスタジアムのコンセプトなどを聞いた。(聞き手・堤誠人)

    -地域密着についての考えは

    「(自治体や企業とは)小まめに付き合うとる。街が狭いというのもあるがの。地域とつながる部署(営業企画部の地域担当やファンサービス担当など)があって、いろんな要望を受けとる。また、新しい監督になったら福山や三原といった瀬戸内海沿いや庄原、三次など主だった町には必ず行って市長と面会する。県外も岩国までは行っとるよ」

    -地域との付き合いで心掛けていることは

     「相互交流を続けること。三次デー、庄原デー、府中デーなどの時は、町が名産品を持って来て物を売る。毎年、同じような人たちが出店を出すし、それをわしらが買いに行く。今は、『ああ、今年も来てくれたんじゃね』という話ができるような関係が築き上げられとる。広島は人口110万人くらいの都市で、周辺を入れても150万人ほど。リピーターを増やそうと思うたら、それなりの努力はせな。地域とはしっかり連携しとかんと」

    -地方主催の試合は

    「地域とのつながりは重視せんといかん。全試合をマツダスタジアムでやれば売り上げも上がるんだろうけど、年に2試合は三次、呉、尾道のどこかへ必ず持って行く。オープン戦は福山にも行くし、新しく岩国に2軍の試合ができる球場ができたといえば持って行く」
    http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201712/CK2017120502000096.html
    2: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/12/05(火) 09:54:38.53 ID:bd7f9TH00
    三河デー作るがね
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1512435239/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    前田智徳解説

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/11/08(日) 23:32:18.58 ID:744KKmnx0.net
    前田智徳の韓国プロ野球評 
    ・後輩投手は先輩打者のインコースは攻めてはダメという暗黙のルールが有る
    ・ストライクゾーンが内に厳しく、外に厳しく、低めに厳しい
    ・三割打者多いけど、三振が100超えてる三割打者が多い
    ・極端な打者有利な環境下
    ・投手のコントロールは総じて低い。凄い投手はいるが基本パワー投手でコントロールはあまり気にしない
    ・ストライクゾーンがアレなので四隅を突くコントロールが必要とされない
    ・後輩投手が先輩打者に勝負球、変化球投げると後が怖い
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1446993138/0-
    8: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/11/08(日) 23:34:17.43 ID:gBkzTnr40.net
    よく取材しとるね
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    比嘉寿光_広報
    http://open02.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1420462800/

    1: 「ぶーん」と飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/01/05(月)22:00:00 ID:RNb
    カープ人気は比嘉氏(2009戦力外)の功績大きい
    http://draft.liblo.jp/archives/4934639.html

    主催試合の観客動員が初めて190万人を突破し、「カープ女子」が「新語・流行語大賞」でトップ10入り。社会的にも広島がムーブメントを巻き起こした1年だった。
    チームの成長、若手の台頭・・・。要因はいくつも考えられるが、影の功労者は間違いなく広報だ。


    ある関係者が言っていた。「今のカープ人気は比嘉の功績が大きいんじゃないか」。
    沖縄尚学高時代に紫紺の大旗を初めて沖縄に持ち帰り、青木、鳥谷らと同学年の早大でも主将を務めた比嘉寿光氏(2003広島3巡目)だ。
    現役を終えた09年オフ、広報に就任。この11月に編成部門に転身するまでの5年間、人気獲得に奔走してきた。

    そもそも、09年まで広島には、現場付きの広報専属スタッフがいなかった。どうしても取材対応に限界があり、露出したくてもできない環境だった。
    松田オーナーは「比嘉は年齢が近いから選手も気を許す。柔軟性もあって、さばきがしっかりしている」と指名理由を説明。ようやく、広報態勢が整った。

    比嘉氏は可能な限りの取材を受けた。前田、堂林らタレントにも恵まれた。
    比嘉氏は「最初は手探りでした」と就任当初を回想。「やれる仕事があるなら、どんどんやってもらおう。しゃべったらこう書かれるという見られる意識を持ってもらいたかったし、野球にも絶対につながる」とコツコツPR。
    言うなれば、名プロデューサー?の地道な戦略が実を結び、広島は今や人気球団へと変ぼうした。

    2: 「ぶーん」と飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/01/05(月)22:03:42 ID:PoV
    初打席でホームラン打った時は期待してたなぁ
    でも広報として活躍できてるならそれもまた球団貢献やな
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ