広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    呉市

    鈴木誠也松山竜平トークショー

    「新井さんはバケモン」「あの年であそこまで…」 カープ松山&鈴木がトークショー


    広島・松山竜平外野手(32)と鈴木誠也外野手(23)が16日、広島県呉市内でトークショーに参加。軽妙な掛け合いで鯉党を楽しませた。

     司会者から新井について聞かれると、松山は「食べる量と飲む量がおかしい。バケモンです」と笑わせつつ、「若い選手に気さくに話しかけて、悩んでいる選手にはアドバイスをくれる。新井さんを慕っている人しかいない。あの年であそこまで泥臭くできる人はいない」と続けた。

     鈴木もシーズン中に助言をもらったことを明かし「40歳になったらこういう人になりたいと純粋に思います。いろんな壁を乗り越えたらなれるかな。でも新井さんみたいな人はなかなかいないです」と尊敬のまなざしを向けていた。
    https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/12/16/0010824073.shtml


    ・このイベントに参加しました。
    身近で カープ選手を見る事ができ 興奮しました。楽しいイベントでした。



    続きを読む⊂( ●▲●)⊃


    1: ぶーんと飛躍する呉市⊂( ●▲●)⊃ 2017/02/01(水) 23:24:08.63 ID:lNkDVqZ90 BE:843678962-2BP(6000)
     広島県呉市は1日、市をPRする新キャラクター「呉氏(くれし)」を発表した。顔がそのまま「呉」の一文字で、色は瀬戸内の海を感じさせる青。

     古くは軍港として栄え、最近はアニメ映画「この世界の片隅に」の舞台となったが、いまなお「呉(ご)」と誤読されることもあり、知名度アップを狙う。

     音楽グループTRFの名曲の替え歌「呉(くれ)ー市(し)ーGONNA(ゴナ)呉(くれ)ー市(し)ー」も同時発表し、プロモーションビデオも公開。果たして空前のヒットとなるか。

    呉氏
    http://www.sankei.com/west/news/170201/wst1702010090-n1.html
    48: ぶーんと飛躍する呉市⊂( ●▲●)⊃ 2017/02/01(水) 23:48:27.37 ID:BYk0Cq790
    >>1 
    誰の模倣でも無さそうなセンスがいいな。
    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1485959048/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    戦艦大和_呉市潜水_調査

    1: 「ぶーん」と飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2016/02/12(金) 22:57:58.17 ID:CAP_USER*.net
    太平洋戦争で米軍に撃沈され、鹿児島県南西沖に沈む旧日本海軍の戦艦「大和」を潜水調査するため、 建造の地である広島県呉市は12日、平成27年度補正予算案に8千万円を計上したと明らかにした。

    今月開会する見通しの定例市議会に提案し、承認されれば今春にも調査を開始する。

    費用には市の財源に加え、国の交付金を申請中。調査は民間業者に委託し、船上からの遠隔操作が可能な無人潜水探査機を使うという。

    呉市によると昨年、戦後70年の節目を迎えたことも踏まえ、最新の技術で現状を細かく撮影し大和の資料を収集するのが目的で、写真や映像は大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)で展示する予定。船体の引き揚げは想定していない。

    大和ミュージアムでは、これまでも民間事業者が撮影した大和の映像などを公開。開館10周年の昨年は、
    累計来館者数が1千万人に達した。呉市が、大和の潜水調査費用を予算計上するのは初めてという。
    no title 
    http://www.sankei.com/west/news/160212/wst1602120094-n1.html
    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1455285478/
    169: 「ぶーん」と飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2016/02/13(土) 04:43:54.42 ID:wzexArx80.net
    >>1 
    そっとしといてやれよ・・・
     
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ