広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    場所

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/08/21(金) 09:32:40.04 ID:???*.net
    20150819-00000008-jtown-000-1-view
    甲子園の風物詩となっているのが、惜しくも敗れた球児たちが、涙ながらにグラウンドの土を集め、持ち帰る光景だ。 この風習は故・川上哲治さんの球児時代にはすでにあったといい、甲子園から出ていく土の量は、 年間なんと約2トンにも上るという(朝日新聞2013年7月13日付朝刊)。

    ところでそんな「甲子園の土」だが、いったいどこから来た土なのかご存じだろうか。

    ■2種類の土を匠が絶妙にブレンド

    甲子園球場のグラウンド整備を一手に担っているのは、阪急阪神系列の企業・阪神園芸だ。

    グラウンドの土の素材となるのは、園芸にもよく使われる「黒土」と、水はけのよい「白砂」。 黒土ばかりだと硬くなりすぎてしまうし、白砂が多いとグラウンドが白くなってしまい、ボールが見えにくくなる。

    天候などとも相談しながら、季節に合わせて両者をブレンドして作られるのが、 「甲子園の土」なのだ。そのバランス調整は、まさに匠の技だという。


    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20150819-00000008-jtown

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ