広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」


    大下剛史

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    38bc5aa9e4c35da8e739db980c8c8d51
    https://www.home-tv.co.jp/news/content/?news_id=20220323146484
    【大下剛史・熱血球論】

     今年のカープの戦いぶりを見ていて「やっぱり佐々岡に監督をやらせて正解だった」と思っているファンも多いのではないだろうか。「石の上にも三年」とはよく言ったものだ。
     
     もちろん、このまま快走できるほど勝負の世界は甘くない。試練を迎えることもあるだろう。だが、今年のカープが大崩れすることはないと見ている。なぜなら、3年目を迎えた指揮官が腹をくくり、地に足をつけて戦っているからだ。

     昨季まではベンチで隣にいた同い年の河田ヘッドが三塁ベースコーチとなり、13歳下の東出野手総合コーチがサポート役となっているのも、その表れだろう。投手出身の佐々岡監督にとって、いわば攻撃面は専門外。判断に迷うことがあればヘッドを頼っていた面もあったと思う。しかし、最終的に勝敗の責任を負うのは監督の役目。3年目での〝独り立ち〟からも、結果が出なければ…という指揮官としての覚悟が感じられる。その覚悟は選手にも危機感として伝わったはずだ。情に厚い佐々岡監督は選手やスタッフからの人気も高い。

     選手たちも「このまま佐々岡さんにつらい思いをさせ続けていいのか」と目を覚ましたのではないだろうか。連日のように真っ赤に染まったマツダスタジアムで選手たちが躍動する姿を見ていると、ファン、現場、フロントが三位一体となって「佐々岡監督を男にしよう」という思いがヒシヒシと伝わってくる。

     このまま佐々岡監督が現役時代の投球スタイルのように「打てるもんなら打ってみろ」のスタンスを貫くことができれば、実りの秋が待っているはずだ。

    (全文リンク先より)
    https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/4181048/



    ・佐々岡監督は先発ローテーションや中継ぎの役割分担など徹底している。
    緒方監督や野村監督は、負けていても競っていれば勝ちパターンの投手をつぎ込んだり、時に回跨ぎもさせていた印象。
    緒方監督のときは3連覇という結果が伴ったので仕方ない面もあるかもしれないが、佐々岡監督は批判されようが投手を大事に使い中継ぎも満遍なく使っている。
    唯一、大差でも先発投手をやや引っ張る面はあるが、投手陣が充実してきたのは佐々岡監督の貢献度が高いと思う。


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    show_img
    https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=002-20181001-35

    元広島の新井貴浩氏が、お笑いコンビ「とんねるず」の石橋貴明(60)がパーソナリティーを務めるTBSラジオ「日本生命presents石橋貴明のGATE7」(日曜前7・00)にリモート出演した。

    テーマは「どうなる今年の広島カープ」で話題が広島伝統の猛練習に及ぶと、新井氏は「練習はしましたし、やらされましたね」と話した。

    「キャンプのメニューを見ると、午前中は『アップ』しか書いてないんですよね。2時間から3時間、ほぼほぼ陸上部でした。そこらじゅうで吐いている先輩方がいたんです」

    (全文はリンク先)
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/04/10/kiji/20220410s00041000717000c.html


    ・よそと違ってエリート選手揃えれなかったし雑草系の選手集めて鍛え上げるしかなかった。野球の上手さより猛練習に耐えられる体力が要求されたとか




    大下さんといえば、今はスカウトの田村恵さんが現役キャッチャーでキャンプの時の練習でおもいっきりケツ蹴りくらわされてたシーンが今でも記憶に残ってます…。
    当時自分は子供でしたが、あれはテレビで見てて、かなり恐怖を覚えましたw 今なら大問題になりますねw
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    大下「カープ佐々岡監督は目指す野球を明確にすべし」
    https://www.carp.co.jp/

    佐々岡監督は目指す野球を明確にすべし 広島OB・大下剛史氏「3年目の来季は勝負の年」

    担当デスクからのオーダーは「投手編、野手編で来季のカープについて占ってほしい」というものだったが、その依頼は断らせてもらった。チームの現状を考えれば、用兵や作戦について論じる段階ではないからだ。それぐらい今のカープは危機的状況にある。

    この2シーズンは新型コロナ禍のため記者席からの観戦にとどまっているが、本拠地開催のほぼすべての試合を見て感じたことは「佐々岡監督の目指している野球が見えてこない」という点に尽きる。

    投手力を武器に守り勝つ野球をするのか、はたまた多少の失点には目をつむって攻撃野球に徹するのか、機動力で相手をかく乱するのか…。どれも中途半端だったから決め手がなかったように思う。

    「石の上にも3年」と言うが、佐々岡監督は来季で3年目を迎える。ファンだって、いつまでも温かく見守ってくれるわけではない。はっきり言って、来年は勝負の年になる。

    (全文はリンク先)
    https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/3887069/

    ・佐々岡監督は、やはり投手出身だから、1点を守り抜く、投手を中心とした守り勝つ野球をやりたいのだと思う。

    投手陣の底上げと固い守備を基本に、機動力を活かした細かいスキのない野球を、来季こそは実践するため、東出コーチの頭脳を借りて、勝負を賭けて欲しい。

    それだけの選手は揃っていると思うので、監督の手腕で引き出して貰いたい。


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    菊池涼介中田翔

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2021/08/12(木) 18:11:18.92 ID:CAP_USER9
    no title

    8/12(木) 17:49
    配信
    東スポWeb

    球界の大先輩が〝中田翔放出説〟に待った! 大下剛史氏「どんな減給受けても日本ハムに残してもらえ」

    翔よ、もう一度、ゼロから再出発じゃ――。

    同僚選手に暴力行為を働き無期限の出場停止処分が課せられた日本ハム・中田翔内野手(32)に日本ハムの初代キャプテンで同郷・広島の球界の先輩でもある本紙専属評論家・大下剛史氏がメッセージを送った。今季は極度の不振で二軍落ち、その後に起こった今回の事件もあり「放出説」も強まっているが、同氏は「どんな減給を受けても頭を下げて、日本ハムに残してもらえ」と直言。恩義ある栗山英樹監督(60)のもとでの〝もうひと花〟を期待した。

    【大下剛史 熱血球論】細かい経緯までは耳に入ってないが、どんな理由であれ、身内に手をあげた翔の行為は許されるものではない。私もコーチ時代、選手に手を挙げた過去があるとはいえ時代を考えれば、今の世間を納得させることは難しい。内々で事を済ませ、伏せてもおいてもいい事実を球団があえて公表したのは、そんな側面からではないかと想像する。

     今回、球団が下した処分は現場を預かる栗山監督にとっても、まして本人にとっても「これほど重いものはない」というぐらいのものだ。

     考えてみてほしい。これまで毎日、野球をすることが「当たり前」だった男が残り試合、ユニホームすら着ることができない現実は極めて重い。翔は今、32歳。選手ならば誰しもが「衰え」と向き合うようになる年代。仮に職場復帰を果たしたとしても、復帰前のパフォーマンスに戻すにも、相当の時間がかかるはずだ。

     もちろん翔は〝それだけのこと〟をやってしまった。仮にもフロントが、純粋に彼の技術を「頭打ち」と判断するなかで今回の事件が起こったとするならば、今後は日本ハム側から翔をトレードなどで「放出」する動きがあっても何ら不思議はない。

     ただ、厳罰を下し、それを公表に踏み切った以上「放出」だけは何とか避けてほしい。これは球団OBでもある私の願いでもある。

     ひと言で言い換えるとすれば「中田翔から野球を取り上げてはいけない」ということだ。もちろん「今すぐ」と言うつもりはない。時期は別としてグラウンドに「戻る」場所を用意するのもまた、日本ハムであってほしいということだ。

     あれは、翔が初めて4番を任された2012年。交流戦で広島に来た栗山監督と試合後に食事をした。そこで栗山監督は「翔を何としてでも球界の4番にしなければいけない。そのためになら私はどんな苦労をしても構わないし、どんな批判でも受け止めるつもりです」と翔への並々ならぬ思いを語り尽くし、私も「この男が監督なら…」と大いに期待に胸を膨らませたものだ。

    全文はソース元で
    https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/3517930/

    3: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2021/08/12(木) 18:12:06.14 ID:rTmC4lzu0
    えー?
    白ノリみたいに400万でいいの?

    325: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2021/08/12(木) 20:48:02.57 ID:+Yp/ebdz0
    >>3
    そこまでの減俸だと規約とどう折り合いつけるかだな
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1628759478/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    カープ鬼軍曹大下剛史が佐々岡監督にエール

    広島・佐々岡真司監督(53)は就任1年目のシーズンを52勝56敗12分けの5位で終えた。開幕から12試合目で借金生活に転落し、以後は一度も勝率5割に戻ることなく2年連続Bクラスフィニッシュ。2016年からリーグ3連覇した赤ヘル黄金期は、もう過去の話になってしまったのか…。

    「今年はファン以上につらい思いをした」と言う球団OBで本紙専属評論家の大下剛史氏が、かつての愛弟子である指揮官に熱いエールを送った。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/2560296/


    ・佐々岡監督が勝負師として輝いて欲しい。
    河田コーチの復帰は心強い。

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    大下が堂林の中途半端起用に待った!カープ首脳陣は覚悟を決めろ
    https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2020/08/27/0013640698.shtml

    大下剛史氏が堂林の〝中途半端起用〟に待った!広島首脳陣は覚悟を決めろ

    おそらく8月29日の阪神戦で痛めた左足首の状態が思わしくないのだろう。過密日程による疲労も考慮しての処置なのかもしれない。

    しかし、一軍にいる以上は堂林を先発で使い続けるべきだ。開幕から2か月半の躍進は目を見張るものでOBとしてもうれしい限り。ただ、本物のレギュラーになれるかどうか、今が重要な局面であることを忘れてはならない。

     今後も出たり出なかったりが続けば「一時期だけ頑張った選手」で終わってしまう恐れがある。それは堂林本人も本望ではないだろう。主力選手というのは何かしら痛みを抱えながらもシーズンを全うするもの。堂林には状況や体調次第で出場が左右されるような〝代わりが利く選手〟になってほしくはない。



    ・堂林翔太が来季もレギュラーでいられる保証はありません。
    不動のレギュラーを座を掴むには今シーズンは歯を食いしばって頑張るしかないでしょう。

    もちろんそれは怪我してないというのが条件ですけど。


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    野村謙二郎大下剛史コーチ怒る怪我治る

    全治1カ月の野村謙二郎は大下HCにカミナリ落とされ3日で復帰【名伯楽 作る・育てる・生かす】


    【名伯楽「作る・育てる・生かす」】#21

     1990年、ロッテへ移籍した高橋慶彦に代わり、入団2年目の野村謙二郎がショートのレギュラーに定着した。

     足は速いし、小力がある。入団当初は外野を守っていて守備力も高かった。しかし、1年目のキャンプで膝を痛めた。ドラフト1位指名を受けた後、オフの間に体重が増え、それが膝に負担をかけた。今のように新人は徐々に慣らしていくという時代ではない。

    同じ駒大出身の大下剛史ヘッドコーチは、野村をどう育てるか、どう使うか、構想を練っていた。次のショートをつくろうと思っていた矢先、すぐに故障してしまったのだ。

    大下ヘッドは当然、凄いけんまくで野村を怒った。

    「貴様なんか荷物をまとめて広島へ帰れ!」



    ・当時のカープの選手が大怪我しまくってた理由が何となく分かる気がする

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    カープ大下小園をショートで使うべき

    広島・佐々岡監督に激エール 元ヘッドの本紙専属評論家・大下剛史氏「長い目で見ちょるけん!!」

    赤ヘルのV奪回なるか――。OBでもある本紙専属評論家の大下剛史氏が、佐々岡新監督率いる今季のカープを占った。メジャー挑戦を表明していた菊池涼の残留に、即戦力の呼び声も高いドラフト1位新人・森下暢仁投手(22=明大)の加入と明るい材料もあるが、鬼軍曹の見立ては決して楽観的なものではない。ただ、かつてのヘッドコーチがエースに送ったエールはいつになく熱いものだった。

    ~中略~

    野手に目を転じても大きな難題がある。正遊撃手をどうするかだ。昨年は不動のレギュラーだった田中広が打撃不振から6月20日のロッテ戦でスタメンを外され、連続フルイニング出場が635試合でストップ。翌日の試合を欠場して連続試合出場記録も止まった。代わって台頭したのが高卒新人の小園で、球宴明けには遊撃に定着した。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/1685952/

    ・実体験からくる遊撃手の起用については、育成が必須のこのチームだけに説得力があった。


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ