広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    守備シフト

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    広島メヒアシフト

    1: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 2020/06/07(日) 19:20:32.73 ID:op41qqDQ9
    強烈なライナーが中前で弾むも、オリックスの大城が絶妙なポジショニングで処理

    7日に京セラドームで行われたオリックス対広島戦で“守備位置の概念を覆す”新たなポジショニングが生まれた。「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeはオリックスの大城が見せた絶妙守備を公開しファンも「作戦通り」「セカンドに打ってしまえば望みはありません!」と驚きの声を上げている。

    なぜそこに? 驚きのポジショニングで“中前二ゴロ”に仕留めたのはオリックスの大城だった。2回1死走者なしの場面で広島メヒアが放った打球は強烈なライナーで中前に弾んだ。だが、二塁を守る大城は中堅手前にポジショニングをとっており、ワンバウンドで打球を処理すると一塁へ送球しアウトを奪った。

    誰もが中前打を確信した打球だったが記録は二ロゴに。大城が見せた絶妙なポジショニングにファンも「作戦通り」「セカンドに打ってしまえば望みはありません!」「ほぼセンターゴロ」「残念そこは大城」「普通ならヒット」と絶賛していた。

    ソース/Full-Count
    https://full-count.jp/2020/06/07/post793047/

    動画/PacificLeague TV


    15: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 2020/06/07(日) 19:47:24.74 ID:YYief9sG0
    メヒアシフトだな、これ
    二塁手の技量に関係なくあそこに飛んだら勝ち
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1591525232/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    王シフト_図
    https://www.sankei.com/sports/news/181213/spo1812130013-n1.html

    広島カープ_王シフト

    善は急げ? 1試合4連発から2日後に敷いた広島の“王シフト”/プロ野球20世紀・不屈の物語【1964年】

    ~中略~

    そんな雰囲気が一変したのは、5月3日の阪神戦(後楽園)だろう。王は第1打席から第4打席まで、すべて本塁打。1試合4打席連続本塁打はプロ野球で初めての快挙だった。

    その後も王は快調に本塁打を量産し続け、1試合に2本塁打を超える“固め打ち”は10試合。しかも終盤にペースアップして、最終的に残った数字が55本塁打だった。言い換えれば、他のチームは、そんな王に対して、なす術がなかったのだ。

    4打席連続本塁打を許した阪神だけではない。国鉄にとどまらず、セ・リーグのエースともいえるほどの実績を積み上げていた左腕の金田正一はリーグ最多の7本塁打を浴びている。もちろん、ただ手をこまねいていたわけではないだろう。王が一枚も二枚も上手だったともいえる。だからとって、結果だけ見れば、何もしてこなかった、何もできなかった、という批判も免れまい。

     唯一、爪痕を残したのが広島だった。近年の快進撃はおろか、20世紀の黄金時代も強く印象に残る広島だが、50年に創設されてからは常にBクラスに沈み続け、もちろん優勝経験は皆無という弱小チーム。熱心な地元ファンはいたが、広島に何かを期待するプロ野球ファンは多くなかっただろう。そんな広島だが、王への対策はスピード感あふれるものだった。4打席連続本塁打の2日後、5月5日の巨人戦ダブルヘッダー第1試合(後楽園)で、広島の作戦は決行される。


    ・王さんに限らず、「歴代の強打者」たちにはいろいろな「シフト」があったようですね。

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 2019/05/30(木) 11:59:19.69 ID:wuoDgIpBp
    前田健太
    極端なシフトだからこそフライ打ち/佐井inUSA

    ~中略~

    前田 日本だと「この打者はこういう打ち方だからこっちに来るかな」という部分もあると思うけど、こっちは完璧にデータ。

    過去何年、何十年のデータを出される。その打者のサードゴロの確率が10%だったら完全に三塁を空けるだろうし、逆に70%だったらそこを固める。

    実際、自分が投げていても、普通の守備位置なら正面を突いたはずの打球がヒットになることなんて、1試合に何球かしかない。

    それよりもヒット性の当たりがアウトになる可能性の方が圧倒的に高い。そうなると、打者はゴロを打ちづらくなりますよね。

    (全文はリンク先)
    https://www.nikkansports.com/baseball/column/baseballcountry/news/201905290000185.html


    12: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 2019/05/30(木) 12:05:42.61 ID:cUpwCeZ9a
    上原も日本とアメリカの一番の違いがデータ量って言ってたな
    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1559185159/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    広島カープ_王シフト

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2019/03/06(水)18:07:11 ID:p5d
    広島「最先端のコンピューター使ってシフト組むで!」



    王「ホームランを打てば関係ない」

    長嶋(打球方向がバラバラすぎてシフトを組めない)

    広島「」
    これすこ


    4: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2019/03/06(水)18:12:02 ID:Fm1
    長嶋って振るたびフォーム変わってたらしいな
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1551863231/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ