広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    対戦成績

    セリーグ『1球団消滅した場合』の順位表


    1: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 2019/08/28(水) 11:24:36.50 ID:985YWjKA0
    その球団との対戦成績を抜いたばあいの順位表

    ・巨人がいなかった場合

    阪神○○○○
    横浜○○○○
    広島●●
    中日●●●●
    東京●●●●●●●●●●●●●●●●●●

    3: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 2019/08/28(水) 11:25:07.92 ID:4S8PtXDid
    阪神抜き横浜強そう
    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1566959076/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    緒方監督原監督

    4: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2019/01/22(火) 17:20:52.68 ID:W8Yeo7vc0
     伏線は1年前の会議の内容にある。2017年に広島に7勝18敗と大きく負け越したことを受け、球団首脳が「打倒広島」を厳命。高橋由伸前監督をはじめ首脳陣も強い対抗意識を隠さなかった。ところが昨季も7勝17敗1分と返り討ち。今季こそ雪辱を、という周囲の思いをよそに若大将は泰然自若だったのだ。

     実は昨秋の監督復帰以来、この姿勢は一貫している。イベントで広島をどう倒すかと話題を振られても、「私が(監督で)いたときはそんなに強くなかった」と公言。むしろ当時は逆に、広島側に苦手意識を抱かせてきた自負がある。

    https://www.zakzak.co.jp/spo/news/190122/spo1901220005-n1.html

    2: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2019/01/22(火) 17:20:41.67 ID:rlDz864Sx
    2015年には既に拮抗してたのに?
    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1548145206/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    広島カープ2位叩き

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/09/02(日) 08:58:14.07 ID:rOokG9DP0
    2位vs広島

    4/03 東京 3-6 ○
    4/05 東京 4-5 ○
    4/25 横浜 5-11 ○
    4/26 横浜 3-4 ○
    5/01 読売 4-6 ○
    5/03 読売 2-3 ○
    5/22 読売 8-0 ●
    5/23 読売 3-9 ○
    6/26 読売 5-14 ○
    6/27 読売 6-8 ○
    7/04 東京 2-4 ○
    7/20 読売 9-10 ○
    7/21 読売 5-7 ○
    7/22 読売 6-8 ○
    7/31 東京 3-6 ○
    8/01 東京 7-13 ○
    8/10 読売 3-9 ○
    8/11 読売 2-2 -
    8/12 読売 8-4 ●
    8/21 東京 10-5 ●
    8/22 東京 4-7 ○
    8/23 東京 8-9 ○
    8/31 東京 5-6 ○
    9/01 東京 3-8 ○

    19: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/09/02(日) 09:07:40.51 ID:Qm8fwMPla
    >>1
    ほとんど東京と読売だな
    相性でたまたま勝ったのか
    広島が2位にはマジで勝ちに行った結果なのか
    わからんな

    44: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/09/02(日) 09:12:20.04 ID:AdsT38+W0
    >>1 よし全球団いるな

    188: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/09/02(日) 09:33:54.05 ID:ThGIt/Kd0
    >>1
    やべーぞ!!
    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1535846294/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    一岡竜司代打ウィーランド

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/08/04(土)00:12:18 ID:cze
    横浜DeNAウィーランド投手
    対広島戦打撃成績

    2017
    打率 .538(13-7) 3本 9打点

    2018
    打率--- 3四球 出塁率1.000

    3: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/08/04(土)00:13:02 ID:Dlf
    去年から学習したんやな(白目)
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1533309138/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    カープ2位チーム勝率

    広島 首位独走の秘密 2位に強い!直接対決12勝1敗 2日にもM点灯

    ◇セ・リーグ 広島6―3ヤクルト(2018年7月31日 神宮)

     広島は31日、サビエル・バティスタ外野手(26)の決勝打となる左越え適時二塁打や安部友裕内野手(29)の3号2ランを含む2安打3打点の活躍で2位・ヤクルトに快勝した。これで4月24日の首位浮上後、2位チームとの直接対決では8連勝へ伸ばし、13試合で12勝1敗の圧倒。今季最大9・5ゲーム差をつけ、最短で2日にも優勝へのマジックナンバーが点灯する。

     2位に付けた9・5ゲーム差は今季最大。大きな要因は直接対決での圧倒的な戦績だ。4月24日の首位浮上後、2位との直接対決は今回が13度目を数え、12勝1敗になった。直近では8連勝。どこが上がってこようと“出る杭を打ち続ける”強さがある限り3連覇へ向けた独走態勢は揺るがない。

     ≪「42」か「43」≫広島の優勝へのマジックナンバーが2日に点灯する条件は、ヤクルトとの2試合に2勝の場合、阪神(1日のみ試合)の負けか引き分け、DeNAの1敗か2分けで「M42」、ヤクルトと1勝1分けの場合は阪神の負け、DeNAの2敗か1敗1分けで「M43」が出る。

    (全文はリンク先)


    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/07/31(火)22:35:59 ID:9YB
    これは大変なことやと思うよ

    3: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/07/31(火)23:13:12 ID:5U5
    明らかに異常じゃねーか
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1533044159/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃


    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/06/01(金) 23:33:24.92 ID:8YNaKc/Q0
    1 4-0 ソフトバンク
    2 3-1 日本ハム
    3 3-1 西武
    4 3-1 ヤクルト
    5 2-1 DeNA
    6 2-2 巨人
    7 2-2 オリックス
    8 2-2 カープ
    9 1-3 ロッテ
    10 1-3 中日
    11 0-4 阪神
    12 0-3 楽天

    3: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/06/01(金) 23:33:46.51 ID:8YNaKc/Q0
    ここまでは割りと接戦 
    パ・リーグはBクラスが全力で負けてるね
    http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1527863604/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    天敵カープ巨人ピリピリムード

    今季1勝4敗の天敵・広島と2連戦 巨人に漂うピリピリムード


     巨人が22日から天敵・広島との2連戦を迎える。

     現在首位を走る広島に巨人は昨季7勝18敗。大きく負け越したことでBクラス4位に沈んだだけに、オフから「広島対策」を重要視してきた。

     鹿取GM自らスコアラー室長を兼務。情報がきめ細かくなるよう、スコアラーをかつての担当制に戻し、ヤクルトで広島担当を務めていた志田スコアラーを招聘した。

    高橋由伸監督は「広島戦を何とかしないといけない」と意気込んで今季に突入したものの、これまで1勝4敗。相変わらず分が悪いのだ。4敗のうち1点差が3試合、2点差が1試合と何とか接戦には持ち込んでいるものの、由伸監督は「接戦を求めているわけでも、求められているわけでもない。何とか勝ち切らないと、なかなか差は埋まらない」と話している。

    (全文はリンク先)


    ~ネット上の反応(主に巨人ファンとカープファン)~



    ・監督、コーチの方がピリピリしている


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ