広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    小園海斗

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    カープホークス2軍戦坂倉将吾タイムリー2本
    http://pict-dd.cocolog-nifty.com/carp/2019/08/post-aed038.html

    821: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 20/06/16(火)13:23:58 ID:RK.by.L1

    今日のファームのスタメン

    823: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 20/06/16(火)13:25:56 ID:It.1j.L21
    >>821
    野間坂倉ジョンソンが由宇か
    https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1592033305/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    カープ小園海斗_2軍降格_出場機会
    http://pict-dd.cocolog-nifty.com/carp/2020/02/post-781b39.html

    219: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 20/06/07(日)20:31:20 ID:RK.ls.L14
    小園降格っぽいな
    小園海斗2軍降格

    広島小園が2軍で及川から1発、出場機会考慮し降格


    <2軍練習試合:阪神8-6広島>◇7日◇鳴尾浜

    広島小園海斗内野手が2軍に合流し、阪神との練習試合(鳴尾浜)に「1番遊撃」で先発出場した。

    9回にドラフト3位の及川からソロを放ち、5打数1安打。前日6日まで1軍に同行したが出場機会が減っていた。佐々岡監督は「スタメンの機会が少なくなっている。ならば下で打席や守備の機会を与えたい。(再昇格の)準備をしてもらう」とチーム事情で2軍降格になることを示唆した。

    https://www.nikkansports.com/baseball/news/202006070000519.html


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    中村奨成林晃汰小園海斗2軍ホームラン
    https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2019/11/07/0012858521.shtml

    858: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 20/06/07(日)13:07:13 ID:UH.wa.L15
    奨成やるやん
    今年はファームで大暴れして上に来てほしい
    https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1591367545/
    https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1591505912/
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    カープ小園海斗×田中広輔のベストな起用法
    https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2020/05/21/0013360176.shtml

    604: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 20/06/05(金)17:30:24 ID:c8.8q.L10
    この感じだと小園はもうサブで上に置いとく気なんかね
    下でショートやってほしかったが
    ※一部他の記事と重複したコメントが含まれています。

    https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1591238173/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    小園海斗打率アップ

    広島・小園 音にこだわる 打率アップへ一振不乱!開幕三塁へ打撃でアピール

    広島の小園海斗内野手(19)が「音」にこだわり、プロ初の開幕スタメンを奪いにいく。スイング時に同じ箇所で同じ音を響かせることを意識。バットの軌道を安定させることで、課題の確実性をアップさせていく考えだ。現状、遊撃のレギュラーは選手会長・田中広が決定的で、小園が目指すのは三塁の定位置。レギュラー奪取へアピールを続けていく。

    小園本人も、自身の課題は確実性だと自覚している。

    「率は残っていないので。同じ軌道で入って、というのを心掛けてやっていけば」と、正しいスイングの再現性を高めていく姿勢。実戦では崩されることもある中で「しっかりと、同じ打球を打ちたい」と確実性の向上を目指していく。

    https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2020/05/25/0013368556.shtml


    ・小園はもう少し選球眼を鍛えればもっといい成績を残せると思う。レギュラーになるためには課題はまだまだ多いが高卒2年目で小園よりレベルが高い選手はいないので応援歌の通り世代のトップを走ってぶっちぎって欲しい。


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    大洲寮


    184: 「ぶーん」と逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 20/05/09(土)17:12:01 ID:ZF.8o.L8


    超シンプルあっさりだけど大洲寮の紹介

    190: 「ぶーん」と逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 20/05/09(土)17:19:00 ID:xp.ov.L19
    >>184
    飯くっそうまそう
    https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1588812830/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    カープ小園海斗_ある意味神Tシャツ

    99: 「ぶーん」と逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 20/04/25(土)15:26:31 ID:mj.0e.L10
    小園海斗

    そんな阪神以上に高校生を指名し続けているのが広島である。分離ドラフトが終了した2008年から2019年までの12回のドラフトにおいて、なんと8回で高校生の指名が半数以上を占めている。 

    昨年も森下 暢仁(大分商-明大/1位)、宇草 孔基(常総学院-法大/2位)と上位2人は大学生だったが、鈴木 寛人(霞ヶ浦/3位)、韮沢 雄也(花咲徳栄/4位)、玉村 昇悟(丹生/6位)と3人の高校生を指名している。これで2016年から4年連続で半数以上が高校生の指名となったが、これは12球団で唯一でもある。

    (全文はリンク先)
    https://www.hb-nippon.com/news/36-hb-bsinfo/41061-bsinfo20200213003
    カープの高校生指名率は過去10年で約65%
    2008年から12回中8回は高校生の指名が半数以上
    今4年連続で半数以上が高校生の指名、12球団で唯一






    100: 「ぶーん」と逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 20/04/25(土)15:31:08 ID:DA.zu.L11
    育成のカープらしいな
    https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1587633519/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    no title


    1: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 2020/04/07(火) 20:35:56.32 ID:a/R4hZbZ0
    いい天気やね 
    広島市森林公園こんちゅう館
    @Hirokon_insect
    現在、こんちゅう館は休館継続中です。
    今日もパピヨンドームでは色とりどりのチョウたちが飛び交っています!
    チョウを見てくれるお客さんがいないので、カープの選手のパネルを立てて寂しさを紛らわしています・・・

    https://twitter.com/hirokon_insect/status/1247374961070624769?s=21
    no title

    8: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 2020/04/07(火) 20:40:07.20 ID:z401yjeM0
    ペラペラじゃねーか
    https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1586259356/
    https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1585866012/
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ