広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    巨人

    菅野智之和田毅
    https://hochi.news/articles/20191023-OHT1T50107.html

    日本シリーズ_巨人_ソフトバンク_菅野_和田

    0勝3敗と後がない巨人は菅野が先発する。昨季のクライマックスシリーズでノーヒットノーランを達成するなど、ポストシーズンは通算6試合に登板し、防御率1.56を記録している。腰痛の影響で9月15日を最後に公式戦のマウンドから遠ざかっていたエースが、大一番で貫禄を示せるか。一方のソフトバンクは、グラシアルに注目。ここまでのポストシーズン10試合では、チームトップの5本塁打を放つなど、打率.316と好調だ。今日も自慢の打棒を発揮し、チームを3年連続日本一へと導きたい。

    https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019102301/top

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    巨人に貸してあげたい贔屓球団の選手【日本シリーズ】

    1: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 2019/10/22(火) 22:15:32.78 ID:qCjaCnsfM
    レアード
    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1571750132/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    ホークスが巨人に3連勝!日本一に王手←カープファンの感想

    ソフトB、ペナント2位の悔しさが呼んだ9連勝 工藤監督「選手たちの悔しい思いがしっかり出た」

    ◇SMBC日本シリーズ2019第3戦 ソフトバンク6ー2巨人(2019年10月22日 東京D)

     SMBC日本シリーズ第3戦が22日、東京ドームに舞台を移して行われ、3年連続の日本一へ2連勝中のソフトバンクが6―2で巨人に勝利。この日までシリーズ無安打に倒れていた4番・デスパイネが2安打3打点の活躍を見せるなど着実に得点を重ねて3連勝とし、球団初のシリーズ3連覇へ王手をかけた。

    (全文はリンク先)


    巨人ソフトバンク高橋バンデンハーク_スコア

    巨人ソフトバンク高橋バンデンハーク_投手成績

    ※カープ専スレ実況記事より。試合中のコメントあり

    122: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 2019-10-22 19:49:29
    相手のミスを確実に得点にするのがホークス野球🦅

    11: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 2019-10-22 19:13:29
    先発もリリーフも選手層に差がありすぎる
    ソフトバンクの控えが巨人の先発ローテって感じ
    引用元:【カープ実況】日本シリーズを見守るスレ。先発「高橋優貴vsバンデンハーク」【巨人-ソフトバンク/東京ドーム】 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    巨人ソフトバンク日本シリーズ第2戦カープファン感想
    ソフトバンク、快勝で2連勝 日本シリーズ第2戦

    SMBC日本シリーズ2019は20日、ヤフオクドームで第2戦が行われ、3年連続日本一を目指すソフトバンク(パ・リーグ2位)が7年ぶりの頂点を狙う巨人(セ・リーグ優勝)に6―3で快勝して2連勝を飾った。

     ソフトバンクは七回に松田宣の3ランで先制。八回に柳田のソロと福田の2ランで3点を加えた。先発した高橋礼は7回1安打無失点の好投だった。巨人はメルセデスが6回1安打無失点と好投したが、打線が精彩を欠いた。

     日本シリーズは全試合がナイターで行われ、どちらかが4勝した時点で終了する。21日は試合がなく、22日の第3戦からは東京ドームに舞台を移す。

    https://this.kiji.is/558633995178673249


    日本シリーズ_巨人ソフトバンク_第2戦_スコア

    日本シリーズ_巨人ソフトバンク_第2戦_投手成績

    ※カープ専スレより。試合中のコメントあり。

    6: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 2019-10-20 18:39:14
    高橋礼を見てると、カープにも一人サイドスローかアンダーハンドの投手が欲しくなる

    特にセットアッパーで一人いるとバリエーションが増えるし
    引用元:【カープ実況】日本シリーズを見守るスレ。先発「メルセデスvs高橋礼」【巨人-ソフトバンク/ヤフオクドーム】 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    メルセデスvs高橋礼
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/10/19/kiji/20191019s00001173445000c.html

    日本シリーズ_巨人ソフトバンク_第2戦


    ■見どころ

    第1戦を制したソフトバンクは高橋礼が先発。今季はヤフオクドームでチーム最多の7勝をマークするなど、本拠地のマウンドで好投を見せた。日本シリーズ初先発となる2年目右腕は、今日も球場に訪れたファンの前で快投を披露できるか。追う展開となった巨人は、昨日の試合で一発を放っている阿部に期待。レギュラーシーズンのソフトバンク戦では、直近5年間で打率.341をマークするなど好相性を誇る。今日も豪快なバッティングで打線をけん引し、チームに勝利をもたらしたい。

    https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019102001/top

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    日本シリーズ第1戦
    ソフトB千賀、7回1失点!3年連続シリーズ開幕投手で力投「とにかく初戦勝てるようにと」

    ◇日本シリーズ第1戦 ソフトバンク7―2巨人(2019年10月19日 ヤフオクドーム)

    SMBC日本シリーズが19日、ヤフオクドームで開幕。3年連続の日本一を狙うソフトバンクは7―2で巨人に快勝し、初戦を飾った。球団初となる3年連続日本シリーズ開幕投手の大役を託された千賀が7回3安打1失点と力投。チームはヤフオクドームで行われた日本シリーズで11年の第7戦から13連勝となった。

    千賀は初回を3者凡退と上々の立ち上がり。2回に今季限りで現役を引退する巨人・阿部に先制ソロを浴びたが、裏の攻撃でグラシアルが逆転2ラン。援護をもらうと、3回から6回まで無安打に封じた。

    7回に2死から連打で二、三塁のピンチを背負ったが、代打・重信をカウント2―2から見逃し三振に仕留め、雄叫びを上げる気迫の投球。7回106球を投げ3安打1失点と先発の役目を果たした。

    昨年の日本シリーズは2度の先発ともに5回を投げ切れず、不完全燃焼に終わっていただけに、試合後、千賀は3年連続の大役となったマウンドに「とにかく初戦勝てるようにと、その思いで投げました。とにかく1点でもやらないようにとと」とコメント。「先制されたが、すぐに打ってくれた」と野手の援護に感謝した。

    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/10/19/kiji/20191019s00001173409000c.html


    日本シリーズ第1戦試合結果

    日本シリーズ第1戦投手成績

    https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019101901/top


    968: 「ぶーん」と逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 19/10/19(土)21:50:09 ID:Bz.ck.L4
    やっぱ工藤って神だわ

    965: 「ぶーん」と逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 19/10/19(土)21:48:35 ID:Bz.ck.L4
    工藤が短期決戦でさえ勝てればいいスタイルで
    ペナントの秋は手の内を隠してる感もある
    https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1571316770/
    引用元:【カープ実況】日本シリーズを見守るスレ。先発「山口俊vs千賀滉大」【巨人-ソフトバンク/ヤフオクドーム】 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    日本シリーズを見守るスレ。先発「山口俊vs千賀滉大」
    https://full-count.jp/2019/10/19/post578759/

    日本シリーズ先発


    ■見どころ

    2連覇中のソフトバンクは今宮に注目。10月13日のファイナルステージでは3本塁打6打点を記録するなど、同ステージ4戦で打率.526の大活躍を見せた。昨季の日本シリーズでも打率.357と当たっており、今日も大舞台での強さを発揮したいところだ。一方、7年ぶりの日本一を目指す巨人は、山口を初戦のマウンドに送る。ソフトバンクに対しては通算防御率0.95と抜群の成績を残しており、6月22日の試合でも7回を1失点に封じている。プロ14年目にして初となる日本シリーズで、好投を披露できるか。

    https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019101901/top

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ