広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    広島県

    オリックス海田智行広島県三原市救援物資
    https://twitter.com/Orix_Buffaloes/status/903785287112728576

    ■広島県三原市出身のオリックス海田智行、広島に水とカレーなど救援物資を届ける。地元町内の全家庭に自ら手渡し。


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    斎藤工広島県ボランティア活動
    https://www.oricon.co.jp/photo/4040/

    ■俳優の斎藤工が、西日本豪雨の被害を受けた広島県坂町と矢野地区に、完全プライベートでボランティア活動に来る。土砂の撤去に追われていた住民は元気をもらう。サインなどファンサにも気さくに応じる。



    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/07/13(金) 13:17:39.39 ID:RCvZXPT30
    とりみカフェ@ 7月12~広島福屋鳥催事 8月29~横浜京急百貨店280坪

    母から、「持っていき!」と託された支援物資を今確認したら……

    はーい、絶対アカンやつ!自分で飲みます、これ
    \(^o^)/

    広島県救援物資阪神コラボ六甲のおいしい水

    25: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/07/13(金) 13:25:20.84 ID:iFg8dxhed
    倉敷なら阪神でもええやろ
    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1531455459/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    ■西日本豪雨で水害の被害が大きかった広島県三原市本郷町は、旧船木小学校の校庭を『災害ゴミ』の仮置き場にする。近くの川の氾濫のため、家がすべて水につかった家庭も多く、壊れた冷蔵庫など大型家電が大量に運び込まれる。
    広島県三原市震災ゴミ

    「これが被災地か」 積み上がった災害ゴミ、分類できず

     西日本を襲った豪雨で3人が亡くなった広島県三原市本郷町の船木地区では、閉校となった旧船木小学校の校庭が災害ごみの仮置き場となっている。10日午前から受け入れを開始。11日午後には、壊れた家具や家電製品、食器などでほぼ埋まり、高いところでは約3メートルまで積み上がった。

    (全文はリンク先。リンク先に動画あり)
    https://www.asahi.com/articles/ASL7C5W06L7CPTIL04H.html


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    広島県_国道31号線_迂回路_駐車場


    ■西日本豪雨による土砂崩れで、国道31号線と呉線が埋まった広島県坂町水尻地区。「陸の孤島」と化した呉市と、広島市への道をいっこくも早く確保するため、土砂を撤去する前に隣にある『海水浴場の駐車場の上に680mの迂回路を作る』という“裏技”を使う。

    広島県国道31号線迂回路駐車場

    広島県国道31号線迂回路駐車場_02

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    広島県警デマに騙されないで

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/07/09(月) 23:35:12.32 ID:CAP_USER9
    豪雨災害「デマに注意」 広島県警が呼び掛け

    広島県警察本部が、西日本の豪雨災害に関するデマ情報に注意するようTwitterの公式アカウントで呼び掛けている。

    [ITmedia]2018年7月9日
     西日本の豪雨災害に乗じた“デマ情報”がSNSなどで拡散されているとして、広島県警察本部は7月9日、Twitterの公式アカウント(@HP_maplekun)で注意を呼びかけた。不確定な情報を拡散しないよう案内している。


     広島県警によると、「レスキュー隊の服を着た窃盗グループが被災地に入っている」「犯人が乗っているクルマは○○で、ナンバーは○○」といった情報が流れているが、そのような事実は把握していないという。

     こうした事態を受け、県警は

    (1)情報の発信元の確認
    (2)不確定な情報をSNSなどで拡散しない
    (3)不正確な情報に惑わされることなく、冷静な行動をとる、などを呼び掛けた。被災地以外でも、義援金や見舞金名目の詐欺が発生する恐れがあるとし、注意喚起している。


     2016年4月に発生した熊本地震では、「動物園からライオンが逃げた」というデマがTwitter上で広がった。熊本県警は、うその投稿を行った神奈川県の会社員の男(20)を偽計業務妨害の疑いで逮捕している。
    http://www.itmedia.co.jp/news/spv/1807/09/news128.html

    6: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/07/09(月) 23:36:56.60 ID:DbGcj75u0
    いや、必ず災害時には犯罪が多発する。
    東日本の時も、鬼怒川が氾濫したときも。
    しかも外国人が多いと聞く。
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1531146912 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    広島榎川土砂ダム決壊

    広島・榎川、晴れたのに氾濫 専門家「土砂ダムに注意」


     広島県府中町を流れる榎(えのき)川が10日午前11時過ぎに氾濫(はんらん)した。

    当時、雨は降っていなかったという。晴れているのに、なぜ氾濫が起きるのか。不思議に思えるが、専門家は豪雨の影響が遅れて出てきたとみている。

     京都大防災研究所の釜井俊孝教授(応用地質学)によると、上流に斜面の表層が崩れた土砂がたまって水をせきとめた「土砂ダム」があれば、決壊して、たまった水や土砂が一気に流れ出す土石流が発生する可能性があるという。豪雨で山の地下にしみこんだ大量の水が地表にわき出してきたことが、決壊のきっかけになった可能性がある。今回、土砂ダムができていたかどうかは確認していないが、晴れていても突然、土石流は起こりうる。

     神戸大の藤田一郎教授(河川工学)も「地盤にまだ相当の水がたまっている。しばらくの間は注意が必要」と話す。また、地盤がゆるんでいる場所では、少しの雨でも斜面崩壊が起こる可能性がある。記録的豪雨の影響はしばらく残りそうだ。

    (リンク先に動画あり)
    https://www.asahi.com/articles/ASL7B5JY4L7BPLZU001.html



    ・こういう記事は起きる前には出ないのかなぁ。
    それが防災工学ではないのかな。



    →それができたら難しくない
    大体、交通インフラが麻痺した状態からどうやって作業車を持ってくる?


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    広島県府中町榎川氾濫


    広島・府中町で榎川が氾濫 周辺地域に避難指示

    広島県府中町で榎川が氾濫しました。町は川の周辺地域の2つの小学校区に一刻も早く高台に上がるよう避難指示を出しました。

    (リンク先に動画あり)
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000131422.html


    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/07/10(火) 12:26:09.08 ID:CAP_USER9
    no title


    広島 府中町 榎川から町に水あふれる 周辺に避難指示

    広島県府中町によりますと、町内を流れる榎川が氾濫し街中に水があふれ出ています。町は川の周辺の地域の住民に避難指示を出しました。川の近くの住民に直ちに高いところに避難するよう呼びかけています。

    大量の水が住宅街に

    NHKがヘリコプターで広島県府中町の上空から撮影した映像では、川とみられる場所から大量の水があふれ出て、住宅街に流れ込んでいる様子が確認できます。

    住宅街の道路は広い範囲で冠水していて、何台もの車がタイヤが見えなくなるほど土砂に埋まっている様子もみられます。

    近くの幼稚園から園児と職員が避難

    府中町の榎川のすぐそばにある幼稚園では、川が氾濫したため、現在、園児と職員を避難させているということです。

    ネット上に投稿相次ぐ「榎川が氾濫」

    インターネット上には府中町の榎川から水があふれているという内容の投稿が相次いでいます。ツイッターの投稿では、「町内放送で榎川が氾濫したから、高台へ逃げろと放送している」などの書き込みがみられます。

    2018年7月10日 12時18分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180710/k10011526141000.html

    2: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/07/10(火) 12:26:52.13 ID:BD7UtlgM0
    え?今?

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ