広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    悩み

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    カープ森下暢仁に『2年目のジンクス』はないのか?

    624: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 21/05/10(月)22:35:32 ID:WN.bb.L35
    やっぱ森下、もがいてるんだな
    カープ森下暢仁に“2年目のジンクス”はないのか? 甘いマスクに隠した“知られざる苦悩”「あの日に戻れないかな」

     新人王を獲得して迎えた今季、開幕から先発ローテーションを守る。カード初戦の先発として各球団の主戦と渡り合い、1年目と変わらぬ安定感をみせる。5月10日現在で3勝3敗、防御率2.14と、成績でもリーグ上位につける。相手球団の研究と警戒が増す中、得点力不足にあえぐ打線の援護を待つ中で残す好成績からも「2年目のジンクス」とは無縁のようだ。

    ただ、森下は昨季とは違う苦しみを味わっている。

    プロになってから初めて見た「意外な姿」

    「開幕してから(直近の)DeNA、ジャイアンツ以外の試合は自分の中でも良くなかったので、今やっといい感じになってきている」

     今季初登板から16イニング連続無失点も、自分の感覚で投げられない登板が続いていた。特に4月14日の阪神戦は持ち味である制球面に狂いが生じた。あれだけの頻度で捕手がミットを構えた場所とは違うところへ投じる姿はプロ入り後初めて見た。

    (全文はリンク先)
    https://number.bunshun.jp/articles/-/848042

    625: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 21/05/10(月)22:38:22 ID:HV.yo.L9
    やっぱ森下も色々悩みながらやってるのね
    打線はもっと援護してやってくれ
    https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1620547638/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    カープ優勝慣れモチベーション意地に悩む
    カープ3連覇 (サンケイスポーツ特別版)

    3位広島 CS進出へV慣れの弊害

     広島の空模様が急に怪しくなってきた。4日のヤクルト戦(神宮)は7―7同点の9回二死で抑えのフランスアが山田哲にサヨナラ満塁弾を浴び、7―11で痛い敗戦を喫した。一時は巨人、DeNAとの首位争いに加わっていたが、気付けばV戦線から脱落。今や2・5差で迫るトラの足音におびえる状況となった。

     チームスタッフは「現実問題として優勝は厳しい。じゃあ、次はどこにモチベーションを向けさせるべきなのか、どんな言葉で鼓舞すればいいのかを首脳陣も悩んでいる。ヤクルトの立場なら『タイトルを狙え』とも言えるでしょうけれどね」。

    広島はベンチも“優勝慣れ”してしまっているだけに「CS出場」や「3位確保」といった言葉で士気を再浮揚することが容易ではないのだ。

     目下の敵となった阪神とは次カードで激突する。もう一度心を奮い立たせ、王者の意地でせめてAクラスは死守したいところだが…。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/1538445/



    ・観てる側も優勝が難しい今
    CSを狙って応援したい気持ちはあるけど

    優勝慣れしすぎちゃったんかな?
    昔はCS狙える位置なら...頑張ってCS進出で応援って気持ちも入っていたけど


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    緒方監督嬉しい悩み_02
    http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20180216-OHT1T50097.html

    緒方監督嬉しい悩み
    沖縄キャンプ第1クールが終了

     広島は19日、2次キャンプとなる沖縄キャンプ第1クール最終日を終えた。14日に1次キャンプ地の宮崎・日南市から沖縄へ移動。実戦では若手のアピールなどもあり、緒方孝市監督は「いい形で第1クールが終わった」と評価した。

    18日の中日との練習試合では高卒2年目・高橋昂が先発し3回無失点、4年目右腕・藤井皓が1回無安打無失点、3奪三振と猛アピールが続いている。結果を残し続ける2人に指揮官は「次回も投げさせます」と明言した。

     若手、中堅、ベテランと今キャンプは大きなケガ人もなく順調に消化しているだけに「次のクールも誰を出そうか、いい意味で悩みたい」と、さらなる競争に期待を込めた。
    https://full-count.jp/2018/02/19/post108305/


    ・若手が育つチーム、育てようと努力しているチームは尊敬に値する。


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ