広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    投手

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    黒田博樹

    1: 「ぶーん」と逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 20/05/08(金)23:03:00 ID:079
    西?

    2: 「ぶーん」と逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 20/05/08(金)23:03:31 ID:Y1A
    黒田ぐらい
    https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1588946580/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    カープファンが選ぶ最強助っ人

    ファンが選ぶ12球団“最強助っ人”は? 広島は沢村賞左腕と“ママチャリ”本塁打王

    投手は大接戦の末にジョンソンがルイス、サファテを上回る

    ツイッター上では12球団の“歴代最強助っ人”アンケートを実施。編集部の独断で各球団の助っ人投手、助っ人打者で特に印象深い選手を4人ずつ選出(他球団からの移籍加入選手は除いた)。そこからファンに投票してもらい“歴代最強助っ人”を決定した。第5回は広島編だ。

    1950年に誕生し、70年が経った広島。これまで数々の助っ人がチームに加わり、そして貢献していった。そんな中でファンが選んだ最強助っ人で、投手でトップの票を集めたのは、現在もチームに在籍するクリス・ジョンソン投手。大接戦で39%の票を集めた。

    ツインズから2015年に広島に加入したジョンソン。来日1年目にいきなり14勝をマーク、防御率1.85という驚異的な成績を残して最優秀防御率のタイトルを獲得した。翌2016年も15勝、防御率2.13の好成績を残して、1964年の阪神バッキー以来となる外国人としては史上2人目の沢村賞に輝いた。2017年こそ怪我で6勝止まりだったが、2018年、2019年と2年続けて11勝を挙げ、在籍5年間で4度の2桁勝利を記録。今季が来日6年目のシーズンとなる。

    https://full-count.jp/2020/04/29/post761898/


    ・やっぱり投手はジョンソンだと思う。
    気難しいところもあるし、チームメートに文句を言うこともあるが、それはやっぱりチーム愛があってこそ。間違いなく3連覇の立役者でしょう。

    一方、野手は個人的にはジムライトルかエルドレッドですね。二人ともカープの歴史には絶対欠かせない素晴らしい選手。


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 「ぶーん」と逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 2020/03/28(土) 15:20:08.13 ID:zAzBACM30
    no title
    すごE 




    3: 「ぶーん」と逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 2020/03/28(土) 15:21:05.80 ID:zAzBACM30
    佐々木はえぐいけど、森下単独は美味しいな
    https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1585376408/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    11: 「ぶーん」と逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 20/03/07(土)14:49:54 ID:BA.69.L1
    床田寛樹

    「教育リーグ、オリックス-広島」(7日、オセアンバファローズスタジアム舞洲)

    広島の床田寛樹投手(25)が先発し、初回に4番DH・ロドリゲスに3ランを浴びるなど4回8安打7失点で降板した。

    先発ローテ6枠のうち大瀬良、K・ジョンソン、ドラフト1位の森下(明大)はほぼ確定。床田は、残り3枠を九里、遠藤、アドゥワ、薮田らと争っており、5日のマツダスタジアムでの全体練習では、「次の登板が大事。しっかり投げられれば、結果はついてくる」と話していた背番号28だったが、開幕ローテ入りに向けて不安を残す結果となった。

    https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2020/03/07/0013174417.shtml
    床田4回7失点はあかんね



    46: 「ぶーん」と逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 20/03/07(土)15:20:49 ID:tP.ci.L16
    >>11
    ふぁっ!?床田まで!?
    https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1583558497/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 「ぶーん」と逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 2020/02/28(金) 11:38:36.60 ID:U82BIvYW0
    森下暢仁

    もう一つの優勝候補はやっぱり、広島やろう。全体としては、去年よりいいような気がするなあ。
    特に、投手陣やね。後ろ(抑え)をどうするかという課題はあるけど、先発もブルペンも頭数はおる。
    何人かの投球練習を見たけど、勢いという意味では、阪神よりも上のように感じるな。

    新人の森下もええよ。ヤクルトとの試合を見たけど、うまくすれば10勝近くはいくんじゃないか。
    まあ、きれいなフォームから出てくるボールもまたきれいやから。ちょっときれいすぎるかな、というんはあるけどな。
    心配材料は打線かな。去年、丸が移籍、バティスタが出場停止となって、今年のキャンプでは
    松山も故障離脱やろう。得点力はちょっと期待しづらいと思うよ。

    巨人は去年のセ・リーグ覇者やし当然、優勝に絡んでくる力はあるよ。
    あえて弱点を探すとしたら、投手力ということになるやろうなあ。現時点で2桁勝利を確実に計算できるんは菅野だけやろう。
    山口俊が抜けて、そこをどういう布陣でカバーしていくんか、というのがカギやろうなあ。
    打線は強い。新外国人のパーラは、どちらかというとアベレージヒッターかな。
    左打者やけど、左投手を嫌がらん対応力があるように見えた。

    素直でコンパクトなスイングやから、一発の怖さは感じないけど、東京ドームを本拠地とするチームだけに20本くらい
    打つ可能性はあるかもな。となると5番あたりに入れてポイントゲッターとして活躍する要素はあるよな。

    (全文はリンク先)
    https://www.daily.co.jp/tigers/2020/02/28/0013151415.shtml

    2: 「ぶーん」と逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 2020/02/28(金) 11:41:43.90 ID:cI52WQJTa
    まともなこといってるやん
    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1582857516/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    大瀬良大地

    1: 「ぶーん」と逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 2020/02/27(木) 22:35:06.79 ID:VFWXO8Vx0

    西武:ザック・ニール
    福岡:東浜巨
    楽天:則本昂大
    千葉:美馬学
    日公:有原 航平
    檻牛:山岡 泰輔


    巨人:菅野智之
    横浜:今永昇太
    阪神:西 勇輝
    広島:大瀬良大地
    中日:大野雄大
    東京:石川雅規

    2: 「ぶーん」と逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 2020/02/27(木) 22:35:17.99 ID:VFWXO8Vx0
    みんなメジャー行ってもうたね…
    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1582810506/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    先発投手の「試合を作った」の最低ライン
    https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2016/02/18/0008815508.shtml

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/08/27(月)17:24:03 ID:WlF
    4回2/3 2失点が試合作ってるとかいうやつに出くわしたんや
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1535358243/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    一岡竜司
    広島・一岡復活秘策“2段モーション”「ある日突然、強い球が投げられました」

    広島の一岡竜司投手(29)が25日、2段モーションでの復活を目指すと明かした。

    力みのないフォームを模索する中でたどり着いた形で、昨季に離脱の原因となった下半身にも負担が少ないことから、継続してフォームを固めていくことを決めた。

    力強い球を取り戻して、勝利の方程式メンバー入りへアピールする。一岡は、リリース時だけ“力を入れられた瞬間”を覚えている。

    「どうしたら力を抜き、90メートルの遠投で強い球が投げられるか考えていたんです。ある日突然、楽に強い球が投げられました」。

    上げた左足を一度下ろして再び上げる2段モーションが、ピタリとはまった。

    (全文はリンク先)
    https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2020/01/26/0013063438.shtml

    ・二段モーションをやめた大瀬良と始めた一岡。どちらも上手くいって欲しい。

    それにしても「ある日突然」ってのは逆にリアリティがある。

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ