巨人・長嶋茂雄がカープの打撃コーチに来た時

長嶋茂雄さん流指導「腰をグッグッグッ」「インパクトはパンパンパーン」【名伯楽 作る・育てる・生かす】


【名伯楽・内田順三「作る・育てる・生かす」】#33

 私が広島の一軍打撃コーチになったばかりの1984年。当時、巨人のユニホームを脱ぎ、浪人時代だった長嶋茂雄さんが、一日コーチとしてカープの日南キャンプへやってきた。広島の古葉竹識監督との関係で実現したものだった。

 カシミヤのセーターを着こなした長嶋さんは、1番に定着していた高橋慶彦や外野のレギュラーを確保したばかりの長嶋清幸に直接指導。まずは慶彦のフリー打撃を数分間見て、こうアドバイスした。

「高橋君ね、腰を『グッ』『グッ』『グッ』と切るんだ」

 きょとんとしていた慶彦が打撃練習を再開すると、目が覚めるような強い打球に変わっていた。



・擬音でしか説明ができない天才だと思います。長嶋さんからすれば、擬音で伝えるようなそういう感覚としか言いようがなく、逆に「なんでこれでわからないの?」ていうくらいな。

続きを読む⊂( ●▲●)⊃