岩本貴裕
指導者として最大の後悔 広島岩本は名球会級の才能だった

私が「名伯楽」などと言ってもらえるのも、携わった選手がうまく育ってくれたおかげ。

しかし、全員が思い描いたような結果が残せたわけでは、もちろんない。名球会に入るような超一流選手にも劣らない才能があったと思う男がいる。

パワーヒッターでありながら、逆方向にも長打が打てる柔軟性も併せ持っていた。だが、大成しなかった。残念でならないのが、昨季限りで現役を引退した広島の岩本貴裕である。

広島商では高校通算52本塁打。亜大でも東都大学リーグ歴代4位の通算16本塁打を放った。2008年のドラフト1位で広島に入団。

1991年の町田公二郎以来となる大卒野手の1位で、金本知憲の背番号10を引き継いだ。地元出身の左の和製大砲への期待の大きさは、新球場のフェンスの高さにも表れた。

ちょうど入団1年目の09年に開場予定だったマツダスタジアムの左翼ポール際のフェンスは当初、7メートルの「グリーンモンスター」にする計画だったと聞く。

それが、左打ちでも左翼方向への長打が持ち味だった岩本を獲得することが決まり、右翼と同じ3・6メートルに急きょ変更した経緯があるそうだ。

(全文はリンク先)
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/270778

・内田さんはカープ離れても岩ちゃんを気にかけてたんだ

岩ちゃんも嬉しいんじゃない?それとも申し訳なく思うんだろうか

とにかく第二の野球人生を頑張って欲しい

続きを読む⊂( ●▲●)⊃