広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    日替わり打線

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    佐々岡カープ誤算と収穫2_日替わり打線で主軸を固定できず

    【佐々岡カープ誤算と収穫2】リーグ2位のチーム打率も…固定できなかった打線

    覇権奪回を目指し、佐々岡新体制で臨んだ2020年は52勝56敗12分けの借金4で5位に終わった。首位巨人とは13・5ゲーム差(13日現在)。接戦を勝ち切れなかった一年だったが、シーズン最終盤には粘り強さで白星を重ねた。今季の誤算と収穫を3回にわたって連載する。2回目はリーグ2位の打率を誇りながらも、固定できなかった打線を検証する。

    ~中略~

    1番に長野や西川などが入れば、安打で好機を演出できるが果敢に盗塁を仕掛けるタイプではない。逆に宇草や大盛は俊足が武器だが出塁率で前記の2人に劣る。指揮官は「なかなか1年を通して打順を固定できなかった」と振り返る。

     西川や会沢の離脱で1番、3番と打線の核になるポジションが日替わりになった。大黒柱の鈴木誠を4番から3番に変更するなどの策は打ったが、年間を通して攻撃の方針が最後まで固まらなかったことが下位に沈んだ要因といえる。隙のない攻撃と軸となる打順の固定が、来季逆襲へ不可欠となる。

    (全文はリンク先)
    https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2020/11/19/0013876993.shtml


    ・固定できなかったよりコロコロ変え過ぎる。
    結局どういう攻撃がしたいのか分からなかった。

    堂林は4番と8番以外色んな打順でよく頑張ったよ。

    坂倉もキャッチャーなのに3番とか。

    ただ、秋になってから盗塁機会が増えた(失敗も多かったが)。
    河田コーチの意見を取り入れて、新たな機動力野球を目指してほしいです。


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    緒方監督_仰木監督
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1430128041/


    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/04/27(月) 18:47:21.05 ID:5mKem+XD0.net
    投手は除く
    2: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/04/27(月) 18:47:47.21 ID:+N1GgXIP0.net
    バレンタインの再来や
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ