広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2019/03/17(日)23:27:01 ID:94q
    新井貴浩_ただ、ありがとう「すべての出会いに感謝します」 (2)

    新井貴浩_ただ、ありがとう「すべての出会いに感謝します」 (1)
    ただ、ありがとう 「すべての出会いに感謝します」


    2: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2019/03/17(日)23:27:39 ID:DL7
    買わなきゃ
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1552832821/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    広島カープ西田真二自伝本


    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/06/16(土)07:56:29 ID:LQh
    語る
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1529103389/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/03/27(火)23:09:55 ID:RxM

    2: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/03/27(火)23:11:06 ID:4Cp
    革命おわりなん?
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1522159795/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/02/09(金)12:53:12 ID:1gB
    エルドレッド本

    「ブラッド・エルドレッド~広島を愛し、広島に愛された男」

    広島在籍7シーズン目は歴代最長。
    名実ともに最強助っ人の呼び声高いエルドレッド選手。
    そのカープへの愛、広島の地への愛着は計り知れないものがあります。

    解雇されるかもしれなかった来日2年目。
    そこを乗り越えての本塁打王、
    そして、リーグ優勝、2連覇……。

    なぜ、エルドレッド選手は日本で成功することができたのか。
    広島を愛し、広島に愛された男が、これまでの野球人生を振り返りつつ、
    成功法則、カープ愛、そしてこれからの夢を綴ります。目次

    序章 37年ぶりの連覇達成
    第1章 驚いた“野球"と“ベースボール"の違い
    第2章 日本での素晴らしい仲間たち
    第3章 広島でジャパニーズ・ドリームを掴むまで
    第4章 エルドレッドの流儀
    第5章 ぼくの未来について語ろう

    野村謙二郎 特別寄稿
    「なぜ、私は、“カントリー"を手放さなかったのか」
    2: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/02/09(金)12:54:54 ID:kU2
    サンシャイン池崎かな?
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1518148392/
    http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1518137797/
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    新井貴浩撓まず屈せず

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/02/14(火)23:30:17 ID:i7R
    新井さんブログにて発表
    http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livebase/1487051619/
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1487082617/

      続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    鈴木誠也_内川聖一
    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/01/24(火)20:25:45 ID:OKk
    ストイック鈴木誠也
     
    当然のようにオフになると各種メディアを中心に何十件という取材オファーが舞い込んだが、鈴木は「オフはテレビ(出演)のオファーが来ても断りたい。野球だけをひっそりやっていたい」との宣言どおり、在京テレビ局の出演はほぼ辞退。

    移動時間を取られない広島のテレビ、イベント出演にとどめた。

    先輩にあたるドジャース・前田健太投手(28)が出演した22日のテレビ朝日系「アメトーーク!」にはVTR出演したが、収録はマツダスタジアムという徹底ぶりだ。

     なかには、その半生を振り返る本の出版に関するオファーもあったそうだが「新聞、雑誌と違って1冊の本となれば、取材時間は膨大になる。やはり練習時間がなくなるとお断りしました」(球団関係者)

     昨季はプロ初の規定打席に到達し、リーグ2位の打率3割3分5厘、ともに同5位の29本塁打、95打点とブレークし、不動のレギュラーとして定着。それでも慢心することなく

    「昨季の打撃を一度忘れて、また新たな打撃を身につけたい。内川さんとはまだまだレベルが違う。もっと技術をつけたい」

    と昨年に続いて“内川塾”の門をたたいた。

    全国区へと駆け上がった若鯉は“流行”だけでは終わらない。

    http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/643882/
    2: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/01/24(火)20:26:23 ID:Ogj
    意識高いな
    http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livebase/1484987287/
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1485257145/
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    加藤拓也_確定申告の本
    【広島】ドラ1加藤、確定申告本持参し入寮「丸投げイヤ」

    広島の新人6選手が7日、広島・廿日市市内の大野寮に入寮した。ドラフト1位の加藤拓也投手(22)=慶大=は確定申告の入門書を持参。いきなり、インテリらしさ全開だった。

    慶応ボーイは目のつけどころが違う。野球道具とともに「確定申告の本も持ってきました」と笑った。確定申告は通常、税理士に依頼するケースが多いが、「何も知らずに丸投げするのも嫌だったので。手順だったり、何が経費になって、減価償却費になるのかとか知っておいたほうが」と説明。知人から勧められたもので、すでに読破したという。

    前田健、野村、大瀬良らも過ごした出世部屋の104号室に入室したが、「そういうのは信用していないが、流れを消さないようにはしたい」と意に介さず。8日からの新人合同自主トレへ向け、「やってみないと分からないが、投げるボール以外ではアピールできないので」とクール。

    堅実にクレバーにスタートを切る。
    http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20170107-OHT1T50251.html

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/01/07(土)23:22:39 ID:Vpu
    http://www.sanspo.com/baseball/photos/20170107/car17010718190004-p2.html
    「青色申告スタートブック」の本を持参した広島ドラフト1位の加藤拓也=広島県廿日市市の大野寮

    no title
    8: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/01/07(土)23:25:21 ID:V2G
    >>1
    なんかTV通販みたいな写真やな
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1483798959/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    新井貴浩原画展
    新井貴浩物語 [単行本]


    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2016/12/14(水)16:14:07 ID:VfS
    空前絶後のカープブームに乗り、予想を超える反響を呼んでいる。11月25日付の紙面でも紹介した絵本「新井貴浩物語がむしゃらに前へ」(定価1300円+税)に予約注文が殺到し、インターネットサイトのアマゾンでは10日の発売と同時に品切れとなった。

    早くも、中古市場には3倍近くの値段をつける転売者まで出現。都内の大手書店は、あっという間に在庫がなくなり、発売から2日で早くも30冊の追加注文を出した。

    想像以上の売れ行きに、広島に拠点を置く出版元の南々社も早急な対応を進めた。「初版が6000部でしたが、発売と同時に重版を5000部かけました」とうれしい悲鳴。2万部に届けばベストセラーと言われる児童書としては、破竹の勢いと言えるだろう。

    この作品は、新井の小学3年時代の担任教諭だった佛圓(ぶつえん)弘修氏が企画立案に携わった。何事にも実直で、全力を注ぐ新井少年のエピソードが描かれている。心温まる内容に仕上がっているが、恩師には一番に読んで欲しい読者がいた。

    「とにかく新井君を励ましたかったんです。教師にとって、教え子は我が子同然。確かに不器用で不格好な選手だけど、昔から何事にも一生懸命な子供でした。ヤジやブーイング、本当に逆境に次ぐ逆境の連続でつらい思いをした新井選手を応援するのは自分しかいない。それぐらいの思いをずっと抱いていました。どうやったら新井君を元気づけられるか。そればかり考えていました」

    (全文はリンク先)
    http://www.hochi.co.jp/baseball/column/20161212-OHT1T50192.html
    12: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2016/12/14(水)18:42:59 ID:Iaa
    絵本ってとこがいいよなこれ
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1481699647/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ