広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    正捕手

    カープ捕手王国


    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/05/16(水) 16:23:42.68 ID:UMuRfMCra
    會澤(広) 30歳 .375 3本 *9打点 0盗塁 OPS1.083
    森森(西) 22歳 .307 3本 18打点 4盗塁 OPS.830
    甲斐(ソ) 25歳 .259 3本 11打点 1盗塁 OPS.742
    小林(巨) 28歳 .277 1本 16打点 0盗塁 OPS.697
    松井(中) 30歳 .231 0本 *4打点 0盗塁 OPS.688
    清水(日) 21歳 .181 5本 12打点 0盗塁 OPS.642
    田村(ロ) 23歳 .243 0本 *7打点 2盗塁 OPS.631
    嶺井(De) 26歳 .205 2本 *9打点 0盗塁 OPS.561
    若月(オ) 22歳 .213 0本 *6打点 0盗塁 OPS.537
    中村(ヤ) 27歳 .200 0本 *8打点 2盗塁 OPS.533
    梅野(神) 36歳 .149 2本 *8打点 2盗塁 OPS.479
    嶋嶋(楽) 33歳 .162 0本 *7打点 0盗塁 OPS.455

    17: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/05/16(水) 16:27:38.10 ID:IHtbFyfj0
    會澤やべーな
    https://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1526455422 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    カープ磯村正捕手

    カープ磯村、正捕手奪取じゃ 巧リードで評価急上昇!プロ8年目好機到来
     
     し烈な正捕手争いの中、磯村がキラリと光る活躍を続けている。

     現在、チームは選手会長の会沢、ベテランの石原を含めた3人を併用。すでに5試合で先発マスクをかぶった磯村は「今のところチャンスをもらえている。自分の持てる力を100%出したい」と意気込む。

     今季はここまで大瀬良、岡田とコンビを組み、4勝1敗。磯村は「途中までしか出ていないので」と悔しさをにじませるが、リードには定評がある。剛腕の150キロ超の直球を生かすため、カーブなど緩い変化球も勇気を持って要求。「バッターの目線を変えることで、真っすぐも生きてくる」と磯村。それによってスライダーやフォークも、より効果を発揮するという。

    熱心な姿勢に首脳陣の評価は急上昇中だ。植田バッテリーコーチは「相手の打者を見て、投手の球種の使い方を工夫している。去年までのことがプラスになっているんじゃないかな」とうなずく。

    (全文はリンク先)


    ・丸と磯村はベンチに帰るといつもメモをとってるイメージ。

    黒田もメジャーでは打者1人1人のデータを残してたし、
    こういう熱心な選手には頑張ってほしいな



    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    石原慶幸會澤翼世代交代

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/07/31(月) 14:18:41.18 ID:A+vqoDsw0
    まだそこそこ打てるしリードうまいやろ
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1501478321/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    會澤翼_福井優也_

    石原と会沢が共存 広島が繰り出す常識外れの“正捕手2人”


    「優勝チームに名捕手あり」とは、野村克也元ヤクルト監督の口癖だ。

    現役時代の自身はもちろん、西武の伊東やヤクルトの古田、中日の谷繁に巨人の阿部がその代表格だろう。不動の正捕手がチームの安定をつかさどるとの説に異論はないが、昨年の優勝球団広島はこれに当てはまらなかった。

    ベテラン捕手の石原慶幸(37)と中堅捕手の会沢翼(29)が共存。それぞれ83試合、50試合に先発出場し、リーグトップのチーム防御率を記録した。

    「今季もここまで石原が12試合、会沢が11試合と先発マスクを分け合っている。リードに定評のある石原、打撃が持ち味の会沢。異なる武器を持つそんな2人を、先発投手との相性によってベンチが巧みに使い分けているのだが、最近はそれが揺らぎつつあった。なにしろ会沢の打撃が前日の試合まで打率.189とサッパリ。どうせ打てないなら、経験豊富でより投手からの信頼が厚い石原を使うべきではないか。そんな声が高まり始めていた」(広島OB) 

    (全文はリンク先)
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/204374

    ※一部他の記事と重複したコメントが含まれています。

    3: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/04/19(水)16:27:04 ID:H5k
    石原の後継者
    http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livebase/1493209657/ 
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1492586650/
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃


    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/01/14(土) 02:03:42.92 ID:FGTwGLQfr
    石原(38)
    白濱(32)
    會澤(29) 2019年中に国内FA権取得
    中村亘(26)
    磯村(25)
    船越(24)
    多田(21)
    坂倉(19)

    會澤がFAで抜けることにでもなれば
    http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livebase/1483811721/
    http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livebase/1484040551/
    http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livebase/1484214906/
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1484327022/
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    會澤石原
    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2016/04/25(月)18:12:33 ID:W36
    スタメンに関しては投手によって使い分けていて文句は無い。
    だが試合途中で石原に代打、會澤に守備固めをもっと積極的に
    使って良いと思う。
    せっかく打撃の會澤、守備の石原とタイプが違う捕手が
    二人居るわけだし、磯村もベンチに居るなら尚更だと思うが。
    去年よりは使っているけどさ、もっと積極的に。
    リスキーというか仮に怪我したときのリスクが高い気がするンゴ
    捕手は特に

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    會澤翼風呂
    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2016/04/15(金) 01:13:57.22 ID:q+eR3twmd.net
    セリーグ捕手の打撃成績では群を抜いてるでしょ
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1460650437/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    カープ_石原_會澤_笑顔
    http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livebase/1452525206/0-
    551: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2016/01/13(水) 17:47:44.10 ID:y5e5hlC+.net
    広島の正捕手問題 会沢と石原、どちらがレギュラーを掴む? 

    広島は昨季15勝を挙げたエースの前田健太がドジャースへ移籍し、先発の柱を失った。 エースの退団は痛いが、ジョンソン、黒田博樹を始め、大瀬良大地、福井優也、中崎翔太など力を持った投手が多く在籍する。 
    その投手陣をリードする捕手に注目したい。 

     広島の捕手といえば、長年2人体制が続いている。昨季は石原慶幸と会沢翼の2人が中心にスタメンで起用された。 
    打力を売りにしている会沢は、14年に65試合に出場して、10本塁打を記録。昨年3月に行われた欧州代表との強化試合の日本代表に選出され、 ジャパンのユニフォームに袖を通した。 
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160113-00057237-baseballk-base

    554: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2016/01/13(水) 17:49:15.81 ID:4MzW33gq.net
    会沢は去年チャンスだったのに売りの打撃がイマイチで正捕手奪いそこねたね。 
    今年は気するものがあるだろう。
     
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ