カープ鈴木誠也オリックス戦3試合連続決勝弾
http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=097-20170619-01

21歳の鈴木誠也が起こした奇跡。全てを変えた運命の3試合連続決勝弾。

~中略~

運命を変えたオリックス3連戦

 鈴木が3者連続本塁打を記録した4月26日は、新井貴浩が2000安打を達成。この日鈴木は2発の本塁打で花を添えた。そして5月に入っても好調をキープ。開幕当初は『若い力=タナキクマル(田中広輔、菊池涼介、丸佳浩)』の印象が強かったが、日を追うごとにファンの中での鈴木に対する認識も変わっていた。

 そして迎えた運命の交流戦。それまで溜めてきたものを一気に吐き出すかのように、オリックスとの3連戦では自身のリミッターを解除した。第1戦(6月17日)、第2戦(6月18日)で2試合連続となるサヨナラ本塁打を放つと、続く第3戦(6月19日)でも決勝本塁打を放ちチームに勝利を呼び込んだ。緒方孝市前監督が発した「神ってる」という言葉は、この年の鈴木を表現する、まさに言い得て妙なワードといっていいだろう。

https://www.hiroshima-athlete.com/articles/-/210


 ・あの時は鳥肌が立った。
もちろん実力なんだろうが、やっぱり「神ってる」としか言いようが無い


続きを読む⊂( ●▲●)⊃