広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    漁師

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/03/10(土) 16:50:37.39 ID:CAP_USER9
    尾道デニムプロジェクト
    漁師、シェフらが1年着用したジーンズ 潮風や油が鍛えてオンリーワンに 広島・尾道で人気

    漁師やラーメン店員などさまざまな職業の人にはいてもらい、異なる色落ちやダメージでオンリーワンのジーンズとして売り出す取り組みが、広島県尾道市で進められている。海と太陽に鍛えられた漁師の「1年ばき」は、新品の倍の4万8千円に上る付加価値を生んでいる。

    「尾道デニムプロジェクト」と名付け、尾道市で街づくりに取り組む会社「ディスカバーリンクせとうち」が2013年から実施している。尾道市を含む備後エリアはデニム生地の生産が盛んで、ジーンズを通じた街の魅力発信が目的だ。

    プロジェクトに参加する市民に、2万2千~2万6千円のジーンズを提供し、週4日以上はいてもらう。毎週回収して状態を確認。1年後に査定し市内の店舗で販売する。これまでに延べ500人以上が協力した。

    職業によって風合いに差が生じる。漁師は潮風を浴びたりロープでももの部分が擦れたりして大胆な色あせに。ラーメン店員は油がなじんでしっとりとした質感になる。

    「本当に売れるんじゃろうか」。無料ではけるならと参加したある料理店の40代の男性シェフは、ジーンズの太もも部分に白く擦り切れた跡が幾筋も浮かぶ理由を「洗った包丁を太もも部分で拭く癖があるから」と正直に明かした。3万5800円の値が付いたことを知らせると「いやあ、びっくり。愛着があるので楽しんではいてほしい」と喜んだ。

    色落ちやダメージの格好良さに加え、股ずれや裾の傷みの状態を基準にランク分けし、価格は税抜きで2万円台から4万8千円まで。商品のタグにはいた人の職業が書いてあり、スタッフがそれぞれの物語を紹介する。

    同プロジェクトのマネジャー和田幹洋さん(44)は「どれも尾道のストーリーが詰まったジーンズで、大量生産では出ない個性がある」と話す。

    専用のジーンズと「参加権」を買えば、尾道市民以外でもプロジェクトに加われる。

    2018年03月09日 金曜日
    河北新報
    http://sp.kahoku.co.jp/tohokunews/201803/20180309_73046.html
    108: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/03/10(土) 17:12:52.21 ID:+b+keuL/0
    NHKでやってたわ 
    海外でも需要があるんだと
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1520668237/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2016/12/27(火)08:15:12 ID:???
    広島尾道漁師デニム

    漁師が1年はいたデニム、価格2倍に… 人気の秘密は?


     2万2千円の新品デニムを漁師が1年間はいたら、4万2千円の中古デニムに――。そんな驚きの取り組み「尾道デニムプロジェクト」が広島県尾道市で続いている。漁師や農家など、様々な職業の住民がはき古して色落ちさせる。味が出た1点もののデニムは、全国のファンを引きつけている。(内田光)

    ■組合長「高値で誰が買うんじゃ」

    「自分らのはいたデニムが倍の値段で売れるなんて信じられんけえ。普通は新品がええじゃろ」

    そう話すのは、しまなみ海道を渡ってひとつ目の島、向島の漁協組合長を務める田頭信親(たがしらのぶちか)さん(73)だ。プロジェクトが始まった2013年から参加し、これまでに6本のデニムをはき古してきた。

     企画したのは町おこしを手がける会社「ディスカバーリンクせとうち」(尾道市)。同じ備後地方の広島県福山市などでつくられたデニムを漁師や農家、大学教授や寺の住職など様々な職業の人たちに1年間はいてもらう。普段の生活や仕事で色落ちさせた中古デニムを尾道に来て買ってもらうことで、観光や地場産業の発信につなげる狙いだ。

    田頭さんは最初、無料で1年間デニムをはいてくれという企画に、半信半疑だったが、「タダではけるんじゃったら作業ズボンも買わんでええし、やってみよか」と軽い気持ちで引き受けた。

    1年後、色落ち具合や生地の傷みをチェックされ、4万2千円の値がついた。自分のはいたものに高値がついてうれしかった半面、「そんな高値で誰が買うんじゃ」と心配した。ところが、間もなく買い手がついて2度驚いたという。

    続き 朝日新聞・会員記事
    http://www.asahi.com/articles/ASJDV320XJDVPQIP001.html
    3: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2016/12/27(火)08:49:52 ID:ijs
    破れたとこを漁師のおかみさんが繕っちゃって台無しに

    33: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2016/12/27(火)20:02:52 ID:uAp
    >>3
    ばあちゃんにダメージジーンズ繕われた孫の話があったなw
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1482794112/
    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1482793052/
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1482797179/
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ