広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    珍プレー

    6: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/06/01(金)22:46:03 ID:YDk
    no title

    4: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/06/01(金)22:37:58 ID:ptH
    一生懸命が産んだリクエストセーフ

    16: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/06/01(金)23:20:13 ID:Js3
    >>4
    からのリクエストアウト
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1527857804/
    http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1527857613/
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    新井貴浩_最新のガラケー


    ■「#2017年プロ野球もう忘れてやれよ大賞」がTwitterで開催。12球団の珍プレーが多数ノミネートされる。


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    菊池涼介_ファール_フェンス_挟まる


    921: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/09/16(土)15:16:25 ID:bSQ
    どしたのwwwww
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1505539434/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    石原ヘッスラ

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2016/07/27(水)20:05:24 ID:4TR
    日本代表のマスクを任せたい
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1469617524/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    カープ赤松サヨナラコリジョンルール


    赤松ヒロイン鈴木誠也西川水

    広島がコリジョンルール適用でサヨナラ勝ち 緒方監督「確信あった」

    広島が14日、西武戦(マツダ)で史上初となるコリジョン(衝突)ルール適用によるサヨナラで勝利を飾った。

    判定は長時間に及んだが、責任審判の杉永が「コリジョンルールを適用しセーフといたします」と告げた瞬間、今季一番?とも思える大歓声が球場を包んだ。

    赤松は「セーフという結果を祈っていたが、アウトでも切り替えようと。半々の気持ちだった」とコメント。緒方監督は「(コリジョンルール適用の)確信があった」と興奮気味に振り返った。
    http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/553059/ 


    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2016/06/14(火)21:40:44 ID:avC
    松山の悲劇
    サヨナラインフィールドフライ
    サヨナラコリジョン←new!!


    すごい(確信)
    ルールのお勉強になるの

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    no title
    ※スマホはクリックで再生
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1463740326/
    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2016/05/20(金) 19:32:06.85 ID:ZzLGKN5A0
    no title
    65: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2016/05/20(金) 19:38:32.40 ID:8ZzVZp9j0
    >>1 
    新しいAAだな

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    ■守備練習中、フェンスギリギリのフライを捕りにいき、勢い余ってグラブがスタンドインしてしまった鈴木誠也
    鈴木誠也_グローブ_柵越え
    情報提供:ガッシさん
    ※撮影者様に掲載の許可をもらっています。

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    ■ムードメーカー上本、走塁練習で「熱男」と叫ぶ
    カープ上本_熱男
    https://twitter.com/arai28_25/status/694846491974762496


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ