広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    番記者

    報知新聞カープ番記者がアンチ巨人を語る
    https://www.nikkansports.com/baseball/news/201907120001335.html

    ■スポーツ報知のカープ番記者が『アンチ巨人ファン』について自論を語る。

    ※記事がUPされた2019年8月14日当初は、スポナビなど大手メディアには記事が配信されていなかったスポーツ報知のWebサイト限定コラム(番記者の裏話)。

    報知カープ番記者「アンチ巨人の考え

    ツイッター開設で知ったアンチ巨人の考え…「報知」という人格はありません


     記者は兵庫・西宮市出身だ。地の利を生かして、子供の頃から阪神の本拠地かつ高校野球の聖地・甲子園球場と、阪急の本拠地・西宮球場でまんべんなく野球を見て育った。高いレベルで野球をやっている人を全員リスペクトしている。そんな記者かららすれば「アンチ○○」(多くは「アンチ巨人」)という考え方は理解の範ちゅうを超える。

    ~中略~

    8月中旬の現時点で炎上したことは一度もない。それでも批判が皆無ということはない。「報知は巨人だけ取り上げればいい。カープに首を突っ込むな」という趣旨の返信を賜ることもなくはない。ただし、その手のツイッターユーザーに「なぜですか?」と打ち返しても、具体的な意見は返ってこない。

     これこそ「アンチ巨人」の感情の発露だろうとは思う。ただ「アンチ巨人」であろうと、僕の発信するカープの面白ネタを楽しんでくれるフォロワーが大多数だ。ごく少数の「報知は巨人だけ取り上げればいい」とつぶやくタイプの人は、ただの「アンチ巨人」ではなさそうだ。

     炎上を怖がりながらも私見を述べるが、彼らは、こう信じているのかも知れない。

    「スポーツ報知」という1つの人格があり、常に巨人を礼賛し、他の11球団を排撃している。巨人は悪。巨人に多くの紙面を割く報知も悪。そして自身と自身が応援するチームこそが善、と。

    https://hochi.news/articles/20190811-OHT1T50217.html


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    報知カープ番記者田中昌宏デスク昇格

    653: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 19/11/29(金)17:07:00 ID:B7.l3.L6
    田中カープ担当退く



    655: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 19/11/29(金)17:10:49 ID:4B.hr.L5
    >>653
    ほー、もうカープ担当終わりか
    https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1574495938/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    広島カープキャッチフレーズ2020年
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/11/23/kiji/20181123s00001173225000c.html


    ■カープ番記者「2020年の新キャッチフレーズのヒント(?)をこっそりお知らせします」



    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    原監督ヒール
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/260882

    ■報知新聞のカープ番記者が巨人・原監督について語る「原監督はプロレス好き。ていうかプロレス的な生き方を地でいく人。ヒールという役割を進んで買って出ている」「完璧なアングルを提供している」




    ※『アングル』は、プロレスにおける隠語の一種で、試合展開やリング外の抗争などに関して前もってそれが決められていた仕掛け、段取りや筋書きのこと。

    試合自体の進行は『ブック』と呼ばれ、アングルはリング外でのストーリー展開を指すことが多い。アングルの組み合わせや展開が観客動員に大きく影響するため、試合内容と同じ重要性を持つ。

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    長野久義_噛みってる
    https://twitter.com/Sponichi_Carp/status/1088364940405010433

    カープ入団“赤長野”のトリセツ 密着9年!番記者が公開

     赤のカリスマが誕生した。巨人へFA移籍した丸佳浩外野手(29)の人的補償として広島入りした長野久義外野手(34)が23日、マツダスタジアムで入団会見に臨んだ。赤ネクタイで登場した主役は早速“チョーノ節”全開。爆笑トークで盛り上げ、新天地で満点スタートを切った。ただ気がかりなのは、広島のファンと街のあまりの熱狂ぶり。そこで長野に9年間密着してきた本紙が、この男の“取扱説明書”を紙上公開――。

    過度な期待は大きな反動も生む。人気商売でもある野球選手にとって好感度は高い方がいいに決まっているが、シーズン開幕前からこのフィーバーでは逆に怖さも感じるだろう。「ありがたいこと」と受け止める長野だが、さすがに現地入りして困惑を隠せないでいる。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/1256782/


    ・新井さんのような精神的支じゃなくていいんです。長野さんらしさで魅せて下さい。自然体で構いません。宜しくお願いします。


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    鈴木誠也筒香嘉智ライトスタンドホームラン
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/11/21/kiji/20171121s00001173015000c.html


    【12球団番記者が振り返る・広島】セ相手に負ける姿想像できなかった

     担当した2年間でリーグ連覇。Bクラスの常連だった頃を知らないから、カープは勝って当たり前のチームだった。何でもできるタナキクマルがいて、若き4番の誠也がいて、勝負強い松山や新井が脇を固めた。黒田が抜けた投手陣も薮田や岡田が急成長し、勝ちまくった。

     大げさでなく、たとえ短期決戦でも負けるところが想像できなくなった。少なくともセ・リーグ相手には。だからこそCSでの敗戦はショッキングだった。広島には細かいミスが出たし、相手の采配はズバズバ当たった。いわゆる流れをつかめなかったわけだが、負けるときはこうもあっさり負けるもんなんだなと。

     「自分たちの野球ができなかった」と振り返った選手が何人もいた。3連覇がかかる来季も本命視されるのは間違いない。進化して、乗り越えて、今度こそ日本一を見たい。
    http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20171231-OHT1T50159.html



    ・5月7日の甲子園での9点差逆転負けがあったからこそ、リーグ2連覇を達成したと思う


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ