広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    登録抹消

    堂林翔太1軍昇格スタメン
    27日の公示 広島が堂林、中日が高橋周、楽天がウィーラーを抹消

    ■出場選手登録抹消

    広島
    内野手 堂林翔太

    中日
    内野手 高橋周平

    DeNA
    投手 山口俊

    ヤクルト
    捕手 藤井亮太



    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1437984981/

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/07/27(月) 17:16:21.00 ID:zE3TNUa00.net
    悲しいなあ

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    黒田バント
    http://www.carp.co.jp/


    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/07/08(水) 17:18:18.31 ID:fXGlGfvNx.net

    広島の黒田博樹投手が8日、出場選手登録を抹消された。この朝、広島市内の病院で検査した結果、「右腓骨(ひこつ)筋腱(けん)の炎症と、右肩の炎症」と診断された。この日は肩、足の炎症を抑える消炎注射などを施され、投手練習には参加せず治療に専念した。


     松原チーフトレーナーは「以前から痛めている右足と、それと含めて少し肩にも負担が掛かっていた。足と右肩のコンディショニング期間が必要だと提案し て、本人にも納得してもらった」と説明。当初、登板予定だった14日の阪神戦(甲子園)は回避し、改善に努めることが決まった。

     ファン投票で選出されたオールスターでの登板について、同トレーナーは「予定通りにしています」と説明。タイトスケジュールを回避することで「後半戦に、今より良い状態で臨めるように。後半のため、というのが一番の目的です」と、軽傷を強調した。

     黒田は7日のDeNA戦(マツダ)に先発し、6回6安打3失点、102球で降板していた。代わって永川が出場選手登録された。黒田は今後、3軍でリハビリを開始する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150708-00000055-dal-base

    2: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/07/08(水) 17:18:59.18 ID:pvFiBKMSa.net
    マジか
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    黒田博樹_登録抹消
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150503-00000116-spnannex-base

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/05/03(日)17:04:00 ID:4tM
    5月3日の出場選手登録、登録抹消公示

    広島東洋カープ 投手 15 黒田博樹
    http://www.npb.or.jp/announcement/2015/roster_cl.html
    2: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/05/03(日)17:04:34 ID:4tM
    何があったんやろう?

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃


    グスマン登録抹消
    連敗中の広島に痛手…4番・グスマン、左脇腹痛で登録抹消

    広島のヘスス・グスマン内野手(30)が5日、出場選手登録を抹消され、代わりにライネル・ロサリオ外野手(26)が1軍に昇格した。

     グスマンは5日の中日戦(ナゴヤドーム)の試合前練習中に左脇腹を痛めたと見られ、練習を早退した。開幕から4番として8試合連続安打を記録。打率・333と好調を維持していただけに、得点力不足に悩むカープにとっては痛すぎるアクシデントとなった。

     緒方監督は「脇腹を痛めたから抹消する。代わりはロサリオ」と厳しい表情で話した。

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/04/05(日) 13:17:08.14 ID:FxSMxdrk0.net
    カープ酷すぎうちwwwwww

    6: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/04/05(日) 13:18:50.09 ID:FxSMxdrk0.net
    今日のスタメン、急遽ロサリオになったぞ
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ