広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」


    石原慶幸

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    カープ新井さん&石原慶幸らの入閣が必要
    https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011070001019.html


    564: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 22/09/11(日) 23:06:15 ID:tQ.ci.L12
    とりあえず未来の監督候補で新井と石原入閣させてほしい
    https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1662896515/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    FXIF8HhUsAAFZrw
    https://www.trendsmap.com/twitter/tweet/1545304919707566080
     広島東洋カープの菊池涼介(32)が、中心選手として、シーズン終盤に差しかったチームをけん引する。2番打者としてつなぎの打撃と、大事な場面でチームを助ける守りが光る。OBの石原慶幸さん(42)が「本音トーク」と題し、浮上への強い思いを聞いた。


    ―シーズン途中に秋山選手が加わった。彼がチームにもたらしているものは何だろう。キクと秋山選手の間では、野球観や気持ちの部分で通じるものがあるのでは。  

     新しい風を吹かせてくれている。新しい言語を持っている。今までのカープにはいなかったタイプ。僕らはどうしても遠慮するのだけど、アキさんはみんなが心で思っていることをポンと言ってくれる。発言力がある。若い選手もいろいろと聞きたいと思って近づいている。それに応えて、いろんな話をしてくれている。打撃だけでなく、走塁もそう。若手がファウルを打った後、打席に戻る動きが遅かったら、「ファウルになったら急いで帰って来ようよ」と助言したこともあった。  僕らも夏になれば、どうしてもだらだらしてしまうところもあるが、試合中は「はきはきしていこう」などと積極的に声を出している。試合終わってからも、僕にもいろんな話をしてくれる。今すぐにということはないかもしれないが、来年以降、若い選手の気持ちも変わってくると思う。  


    ―入団会見の時、鈴木(清明)球団本部長が「キクと会沢(翼)が助けてくれた」と言われていた。  

     まず(米大リーグの)レッズを退団する時にすぐ電話して、「どこ行くんですか。待っていますよ」と伝えました。移籍したパドレス(傘下3A)を退団する時も連絡した。カープ球団にも、「動きましょう。本人も『カープから話が来てから、初めて判断できる』と」。それから先のことは本人が決めたこと。来てくれて、本当にうれしい。


    ―秋山選手とは日本代表で一緒にプレーしたと思う。キクにとって何が一緒にやりたいと思わせたのかな。  


     本当にくそ真面目なんで。僕が持っていないものがたくさんある。年齢も近い。言葉にできるので、若い子にいい影響になる。「元気出していこう」とか言ってくれる。僕が思っていたアキさんだな、と。一緒にやれることなんか想像していなかった。一緒にいるんだなと。そういう感じが毎日している。  ―新鮮で充実しているのだね。  菊池 二塁と中堅で、どこまで打球を捕りにいくかなどの連携はこれからやる必要ある。左打者だけでなく、みんなにいい影響を及ぼしてくれる。思ったこと、当たり前のことを当たり前に言ってくれる。「いくら打てなくても守備は守備だ」とか、「守備で流れをつくって攻撃いくぞ」とか。チームが勝てていない時、ベンチは暗いけど、率先して声を出している。今までにいなかった新しいタイプで、いい風が吹き始めるのではないかな。


    (全文はリンク先)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/bbf3838964d4df45ce940d1589545d8546e82296


    ・菊池も大人になったなぁ。
    ちゃんとチームの事を考えてる。新井さんとじゃれ合ってた頃が懐かしい。

    たまに、もし丸が残ってたら4連覇、5連覇出来てたかなぁと思う事がある。
    でも、丸が残れば誰かのチャンスが無くなる。西川が内野のままで坂倉、小園や林のチャンスは無かったかもしれない。

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    カープ首脳陣を強化!←招聘するべき人材は誰?
    https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011070001019.html

    13: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 22/08/03(水) 01:12:27 ID:AN.ax.L10
    来年うーたん招聘してほしいなぁ

    https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1659455903/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    FTwJD9PUEAADqz3
    https://twitter.com/ishihara_31/status/1530107942883577857/photo/2


    交流戦期間を通じて、目についたのは先発陣が先に失点する、しかも大量点を失うという試合が多かったことだ。データを見ても、イニング別の防御率が、二回と四回は7・00、被本塁打20本のうち、四回までに打たれたのが16本とはっきりしている。

    それまでのリーグ戦でしっかり結果を残してきた投手陣が、なぜこういう投球になってしまったのか。パ・リーグの打力、という見方もできるが、むしろ投手自身の問題ではないだろうか。つまり、不慣れな相手に対し、それまでどおりの投球で臨むのではなく「どんなバッティングをしてくるのだろう」という、相手に合わせてしまったことで、持ち味を発揮できなかったように思う。

    序盤で点差をつけられる展開では、ベンチも「打て」しか言えない。作戦も使いようがなかっただけに、打線に敗因を求めるべきではないだろう。

    17日からリーグ戦が再開する。先発陣にとっても慣れた相手だけに、雰囲気を戻すことはできる。さらに、交流戦で「相手に合わせる」リスクも痛感しただろうから、自身の力を信じ、能力の高いバックを信じて投げる。その準備をしっかり整えておきたい。

    (全文リンク先より)
    https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2022/06/15/0015387500.shtml


    ・石原さんなら捕手陣に対して注文してほしい
    送球、捕球、リード、どれを取ってもレベルが低い
    先発投手はシングルヒット、四死球ですぐに得点圏になってしまい、打線の援護もないから1点もやれないとプレッシャーになって追い詰められている
    捕手の打力は評価されるが、元々ドラフト時はみな守備力を評価されて獲得されているはずなのに、そこが軒並み伸びていないのが問題
    石原さんが育成できるようになってほしいものだ
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    20220424s00001173733000p_view

    佐々木朗と白井球審の「トラブル」 元NPB審判員記者は広島・九里と経験 出てきた6年前の「報告書」

     ロッテ・佐々木朗希投手(20)が24日のオリックス戦(京セラD)に先発。5回を投げて6安打2失点で今季3勝目を挙げた。しかし、一番注目を集めたのは2回に投球判定を巡り、白井一行球審(44)がマウンド上の佐々木朗に詰め寄る場面だった。佐々木朗は投球判定への不服を態度に出していた。

     山口・由宇球場で行われた広島―ソフトバンクの2軍戦。球審を務めた私が際どいゾーンの投球を「ボール」と判定する度に、マウンド上の広島・九里投手は首を振ったり小さくジャンプしたりして不服な態度をとった。「事件」は5回に起きた。2死二、三塁からソフトバンク・金子に投じられた内角直球に対して私は「ボール!」とコール。九里はマウンドから数歩歩いたところで膝から崩れ落ちた。私は捕手の前に出て「ピッチャー、その態度はやめろ。ボールだ!」と注意をした…改めて読み返してみると今回のケースとよく似ている。

     なぜ、私や白井球審はわざわざ試合中に注意をしたのか。それは公認野球規則がそう行動するように定めているからだ。8.01(d)には「審判員は、プレーヤー、コーチ、監督または控えのプレーヤーが裁定に異議を唱えたり、スポーツマンらしくない言動をとった場合には、その出場資格を奪って、試合から除く権限を持つ」とある。退場につながる行為を未然に防ぐために現場の審判員は「注意」をする。試合の主役である選手にプレーを続けてもらうため。そう信じて行動している。

    (全文はリンク先)
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/04/24/kiji/20220424s00001173736000c.html

    973: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 22/04/25(月) 00:17:32 ID:Hs.77.L11
    九里が二軍で同じようなことあったのが発掘されてたのちょっと草
    https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1650788658/
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    坂倉将吾

    「なぜカープが勝てているのか」石原慶幸氏が解説 本塁打たった4本も得点リーグトップ


    広島は逆転勝ちで連勝。中日戦の連敗を3でストップし、首位を守った。

    イリースポーツ評論家・石原慶幸氏は開幕から好調な戦いを続ける要因について評論した。

    「なぜカープが勝てているのか。ホームランがリーグ最下位。でも得点はリーグトップ。これが象徴している。細かい野球というか四球とか失策であるとか、相手がくれたチャンスをモノにできているところだと思う」

    (全文はリンク先)
    https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2022/04/16/0015225611.shtml

    ・繋いで繋いでの方がチャンスは続くし相手にとっては嫌だと思う。ホームランで点取るのも楽だし気持ちいいけどランナーなしになる。永遠にピンチが続く方が投手は嫌だと思う。

    それが今シーズンカープはできている。ホームランはそのうち出ると思うよ。そこまで気にしてない。



    ・昨年は打撃が点だったが、今季は打線になっている。上がり下がりはあると思うが、投打が補い合って勝ち続けてくれ。


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    森下暢仁とぶ②
    https://twitter.com/mint_nyancat/status/1512667872627027970/photo/2


    320: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2022-04-09 14:35:56
    ほほほほほ、よく当てた!

    323: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2022-04-09 14:35:59
    飛ぶ投手
    インチキの再来

    326: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2022-04-09 14:36:01
    森下が飛んだぁあああw
    https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1649427030/l50 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    石原慶幸が断言!今の好循環なら「カープは崩れない」

    石原氏が断言 今の好循環なら「カープは崩れない」 バッテリーの充実を感じる好ゲーム

    「広島1-2巨人」(6日、マツダスタジアム)

     広島が逆転負けでマツダスタジアムで今季初黒星を喫した。先発の床田寛樹投手(27)が7回無失点の快投も1点リードの八回に2番手・中崎翔太投手(29)が吉川に逆転2ランを被弾した。

    悔しい敗戦となったが、デイリースポーツ評論家・石原慶幸氏(42)は今季のバッテリー陣の充実を高評価し、この状況が続けばチームは「崩れない」と断言した。

    https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2022/04/07/0015199063.shtml

    ・確かに投手力や中継ぎは当初予想より良さげ。
    足技も今年はやや増えてる。
    打率も今年も高く、強いて言えば得点数を増やしたい。

    一番懸念は、本塁打が今の所、少ない点かな。

    佐々さんも、どっしり構えるようになった。

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ