広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    肉体改造

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/01/23(月)07:22:47 ID:TTS
    安部友裕_肉体改造

    広島・安部が沖縄自主トレを打ち上げ、マツダ屋内練習場での合同自主トレに合流。体重87キロの自己最重量ボディーをつくりあげ、「バットでアピールして」10年目の定位置獲りを誓った。

    「本気で体重を増やそうと頑張った。スイングが速く力強くなったと実感するし、ブレなくなってどっしり感も出た」

    昨季終了時が81キロ。梵らと汗を流した沖縄では「食べまくり、空腹を感じないように」プロテインなども摂取した。主目的は飛距離アップだ。

    「去年までは長打が欲しい場面で力みが出た。強引に振らなくても飛ばせるようにしたい」

    昨季は自己最多の115試合に出場し、打率.282、6本塁打、33打点。内野はどこでも守るが、ルナの退団後は助っ人三塁手を補強していないだけに、「レギュラーを獲りたい」という言葉に力がもる。

    同学年のタナキクマルに追いつくチャンスだ。
    http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/01/23/kiji/20170123s00001173017000c.html
    2: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/01/23(月)19:51:46 ID:V36
    ええ体してるわ
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1485123767/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    西川龍馬_肉体改造

    レギュラー獲りへ『龍馬が食う』 西川が肉体改造!68キロから目標75キロ


    広島の西川龍馬内野手(22)が20日、最重量ボディーで2年目の春季キャンプに臨むことを明かした。この日はマツダスタジアムに隣接する室内練習場で自主トレ。1日5食の効果で初めて70キロを超え、73キロに到達した。

    前日の深夜には大洲寮近くの飲食店を訪れ、ラーメンとチャーハンをペロリ。元々は食が細かったが「最近はお腹が減って仕方がない。胃が大きくなったのかな」と笑った。

    昨季の体重は68キロしかなく、細い体が課題だった。同級生の鈴木は身長が異なる(鈴木の方が約5センチ高い)とはいえ、90キロ以上ある。プロでの1年を終え、戦い抜くためには強く大きい体が不可欠と悟った。このオフから筋力トレも本格的に始め、肉体改造に着手。目標値の75キロまであと2キロと増量中だ。

    (全文はリンク先)
    http://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/01/21/0009847313.shtml

    537: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/01/16(月) 12:38:38.78 ID:XLh9Qnq5M
    今季は西川がブレイクしそうだな
    http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livebase/1484040551/
    http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livebase/1484450515/
    http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livebase/1484653081/ 
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    梵英心_肉体改造

    背水の梵、初の体重増「間違った道だとしてもいい」

    広島の梵英心内野手(36)が17日、定位置奪回を目指して体重を増加させるプランを明かした。今季出場は自身最少の7試合。12打席に立ち、無安打だった。巻き返しを図る来季へ向け、プロ入り後初めて体重を増やすことを決意。1日3食だった食事を4~5食に増やし、体を一回り大きくさせてパワーアップを図る。

    この日は広島市内の保育園「ロータスプリスクール西原」でのもちつき大会に参加。園児たちとの交流でリフレッシュした。

    凜とした表情が、新たな戦いへの決意を物語っていた。レギュラー奪回を目指す梵。「結果を残さないとダメな世界。試合に出ないといけないのは間違いない。その目標だけは常に持ってやっていきたい」と強い覚悟を示した。

    今季は過去最悪のシーズンだった。春季キャンプは2軍でスタートし、出場試合は自己最少の7試合。プロ11年目にして初めて無安打に終わった。「試合にほとんど出ていないので。とにかく全てにおいてレベルアップさせないといけない。毎年、毎年が勝負だと思っている」。チームは25年ぶりの優勝を果たしたが、梵自身は厳しい立場に追い込まれた。

    何かを変えないといけない。新人王、盗塁王、ゴールデングラブ賞などタイトルを獲得した栄光は過去のもの。ベテランは心機一転、巻き返しへの一手と考えたのが体重増加だ。 「食べる量を変える。体がしぼんできたので。このオフはとにかく食べようかと思う。体重を増やすことは今までやったことがない。間違った道だとしてもそれでいいですし、全て経験しながらやっていきたい」

    (全文はリンク先)

    765: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2016/12/17(土) 00:02:32.83 ID:9jaMkQQd0
    優勝してもさほど総年俸増えなかったのは黒田の6億はもちろんやけど、案外梵の5000万減、廣瀬(3800万)引退が効いてるよね。
    http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livebase/1481866361/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    堂林翔太_新人挨拶
    http://www.daily.co.jp/baseball/carp/2016/12/14/0009750824.shtml

    堂林翔太_護摩行
    もがく広島堂林の現在地 新井に頼み護摩行&肉体改造、覚醒の時は近い?

    7年目もレギュラー定着ならず、期待についてこない成績

    広島の堂林翔太内野手がもがいている。7年目の今季もレギュラーには定着できなかった。

    今季は47試合の出場にとどまり、打率.250、2本塁打、2打点。出場試合数こそ前年を上回ったが、打席数(60)、安打数(14)は1軍での出場機会を得た2012年以降では最少の数字に終わった。期待に成績がついてきていない。

    ~中略~

    だが、来季はひと味違う姿を見せてくれるかもしれない。

    秋季キャンプでは確かな手応えをつかんだという。三塁には今季、ブレイクの兆しを見せた安部もいる。出場機会を得るために外野の守備にも挑戦している。

    来年1月には新井に頼み込んで、護摩行に同行することも決まった。新井と同じジムでの肉体改造にも取り組んでいる。技術、肉体、精神―。全てを鍛え直す。必死になって、できることに取り組んでいる。

    もう25歳だと思うのか、まだ25歳だとポジティブにとらえるか。覚醒の時は、そう遠くないはずだ。

    (全文はリンク先) 
    https://full-count.jp/2016/12/17/post53711/ 


    76: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2016/12/17(土) 19:09:34.94 ID:5YFhjQgld
    外国人野手の補強はせんのかな? 
    まあ下手に当たり外人野手がいたらカープ期待の堂林や野間の出場機会が削られるしな。 
    彼らの成長のためにもあえて外人野手補強はしていないんだろう。 

    でも絶対に外人野手補強をしないと後悔する気がするけどね。野間や堂林はホント未知数だと思うよ。 
    まだ松山や安部のほうが確実性はある気がするけど来季は野間と堂林が無理矢理優先させるんだろうな。
    http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livebase/1481950794/
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2016/11/16(水) 09:10:37.89 ID:EHMK99n70
    松山竜平_肉体改造

    カープ松山 低位置獲りへ肉体改良 春季Cまでに体脂肪3%減らす


    広島の秋季キャンプが15日、宮崎県日南市の天福球場ほかで行われた。

    松山竜平外野手(31)は今オフ、肉体改良をテーマにすることを明かした。現在の体重95キロを維持しながら、体脂肪率を3%減らして筋力の増加を図る。今シーズンから本格的に取り組みを始めた筋力トレを継続し、外野のレギュラー獲得競争が始まる春季キャンプに備える。

     自らの殻を破るきっかけとなった筋力トレ。松山は効果を実感したからこそ継続を決めた。

    「今年は大きなけがをしなかった。やってよかったと思う」。

    さらなる高みを目指す。来年の春季キャンプまでの約2カ月半。体脂肪率を3%減らして26%にする肉体改良に着手する。
    http://www.daily.co.jp/baseball/carp/2016/11/16/0009669947.shtml 
    3: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2016/11/16(水) 09:11:05.34 ID:mPHL43N6a
    多すぎ定期
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1479255037/
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1479254993/
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    野村祐輔_減量
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1423355595/


    1: 「ぶーん」と飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/02/08(日)09:33:15 ID:UVh
    広島・野村祐輔投手(25)が7日、今キャンプで初めてフリー打撃に登板した。
    打者2人に対し直球のみ計36球を投じ、安打性の当たりは5本。オフの減量に手応えをつかんだ。

     直球と分かっていても、木村昇と小窪が何度も差し込まれた。野村は「まずまずの球だったと思う」と控えめだが、直球のキレは抜群だった。

     新人王を獲得した12年のオフから、球速アップや力強さを出す狙いで体重を増やした。
    13年は自身初の2桁勝利となる12勝をマークしたが、昨季は7勝止まり。
    最大84キロまで増えた影響で下半身の故障にも悩まされた。

     「僕には合っていなかった」。試行錯誤の末、昨年オフに体を絞ることを決意した。
    6キロの減量に成功し「ユニホームのズボンがぶかぶか」。今では新人王を獲得したシーズンとほぼ同じ体形だ。


     体が軽くなり「思い通りに動く」。フォームに安定感が生まれ、球のキレと制球力を取り戻した。

    開幕の先発ローテは前田、黒田の2本柱に大瀬良、ジョンソンの名前が挙がる。
    「そこに入らないといけない」。強い決意で臨む今季。原点に立ち返った右腕が、これまで以上の輝きを放つ。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150208-00000025-dal-base

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ