広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    親子

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    コロナ外出自粛で子供のストレスが溜まる

    コロナ、たまる子どものストレス  家庭でできる対策は-専門医に聞く

     新型コロナウイルス感染症の影響で小中学校などの休校が続く。自宅にとどまる子どもたちのストレスがたまり、家庭内でいさかいが起きるケースもある。在宅勤務となった、東京都内の会社の30代女性社員は「もう、子どもは全く落ち着きがなく、親の言うことを聞こうともしない」とこぼす。やはり都内の30代の主婦も子どもに対して「もうどうしてよいか分からない。時には、手を挙げたくなる」と言う。

    ◇情緒面での交流減

    少聖マリアンナ医科大学神経精神科学教室の小野和哉特任教授は「日常的な生活パターンが崩れてしまうことがストレスにつながる。子どもの場合には、時間と空間の枠組みが変わり、さらに同世代の友人との交流が減少することが大きい」と話し、家庭でやってほしいストレスの緩和策をアドバイスする。人と話し、話題で盛り上がり大きな声で笑ったりする。こうした精神の発散が情緒面を安定させる。

    大人だと、「これは面白いね」と話しかけても反応が「そうだね」のひと言で終わってしまうことも、ままあるだろう。子どもたちの交流はそれに比べて濃密だ。学校に行けなくなることで、「同世代の豊かな情緒的な交流が少なくなる」と、小野氏は懸念する。

    (全文はリンク先)
    https://medical.jiji.com/topics/1639


    ・うちは食事の準備など家事をさせています。

    家での勉強は短時間でないと集中力が続きません。普段は学校から帰ると宿題だけで精一杯ですので、今は家事を覚えさせる貴重な時間です。

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    カープファン横浜ファンの親子がマツダスタジアムで観戦
    https://twitter.com/Eguchinn

    ■マツダスタジアムで『カープファンの子供と、横浜ファンのお父さんが仲良く観戦』している様子が現地ファンの間で話題に。

    ※マツダスタジアムでは家族全員がカープファンの場合が多く、贔屓球団が違う家族は珍しい。



    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/07/07(土)10:27:35 ID:Mve
    コアなファン以外知らないよねきっと

    2: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/07/07(土)10:28:01 ID:FGq
    多分二世で1番活躍した選手
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1530926855/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ■カープ鈴木誠也(当時11歳)、親子でテレビ出演
    カープ_鈴木誠也_アド街_親子_01

    ※アド街ック天国「京成 町屋」


    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1436013066/l50

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/07/04(土)21:31:06 ID:SA9
    広島の未来を背負うホープ 鈴木誠也の球歴とは?

    ◆ 「二刀流」狙えると評された逸材

     開幕から出遅れ、下位をさまよってきた広島。しかし、幸いなことに抜け出すチームがなく、優勝も十分に手が届く位置につける。

     長い低迷期から脱し、一昨年、昨年と2年連続でCS進出。「カープ女子」という新たなファン層も獲得し、今年のスローガン「常昇魂」がピタリとハマるチームになった。菊池涼介、丸佳浩といった若手の活躍によるところが大きいが、その流れに乗るひとりが、3年目、20歳の鈴木誠也だ。

     今季は開幕一軍入りを果たすと、開幕戦では「1番・右翼」でスタメン出場。
    7月3日時点で48試合に出場し、打率.293、4本塁打をマーク。明るいキャラクターで、ベンチを盛り上げている。
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ