広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    観客動員数

    真っ赤に染まるマツダスタジアム

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/05/31(木) 12:21:04.88 ID:tU4b6A7v0
    阪神 42,023 人
    巨人 39,943 人
    福岡 35,324 人
    広島 29,970 人
    日公 29,698 人
    横浜 28,410 人
    中日 27,951 人
    ヤク 26,736 人
    西武 25,718 人
    楽天 24,800 人
    千葉 20,496 人
    オリ 20,378 人

    11: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/05/31(木) 12:25:41.54 ID:FydDnMWAp
    セはどこも好調なんやな
    http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1527736864/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    スラィリー_スターマン

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/01/31(火) 18:05:01.93 ID:yaQg+5Nx0
    平均観客動員数

    広島
    2012年 22,079人
    2013年 21,744人
    2014年 26,455人
    2015年 29,722人
    2016年 29,963人 (優勝)

    DeNA
    2012年 16,194人
    2013年 19,802人
    2014年 21,730人
    2015年 25,546人
    2016年 26,933人 (初のCS)

    ヤクルト
    2012年 18,371人
    2013年 19,899人
    2014年 19,983人
    2015年 23,021人 (優勝)
    2016年 25,063人

    中日
    2012年 28,896人 (優勝)
    2013年 27,753人
    2014年 27,790人
    2015年 28,469人
    2016年 28,991人
    セ・リーグ人気すげえええええええええええ



    10: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/01/31(火) 18:06:55.40 ID:J3fR0VdKM
    セリーグ始まったな
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1485853501/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    巨人_阪神_広島_監督_どんぐり

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/06/19(金) 21:07:30.77 ID:???*.net
    no title

    no title

    ■上昇傾向の観客動員数

    交流戦が終わってまたリーグ戦が始まる。
    今年のNPBの平均観客動員数は27305人で、前年よりも847人、率にして3%増加した。

    交流戦終了時点での12球団の平均観客動員数をまとめてみた。
    2012年の平均観客動員数を1として、以後3年の推移をまとめた。
    青字は2012年より減少、赤字は10%以上増加を表す。

    パの楽天、オリックスとセのDeNA、広島の伸び率が顕著であることがわかる。

    パリーグは、楽天は2013年の初優勝を契機に観客数が急上昇している。
    今年は2012年と比較すると6000人以上も増加している。

    オリックスは昨年、2008年以来5年ぶりにポストシーズン進出。エース金子千尋の活躍もあり、観客が増加した。
    今季は下位に低迷しているが、オリ姫キャンペーンなどの展開もあって、着実に動員数が増えている。

    これまでパリーグは、福岡・九州のソフトバンク、北海道の日本ハムと
    地方を拠点にした球団が観客動員を増やしてきた。
    ソフトバンクは2012年には244万人(平均観客33993人)、
    日本ハムは2009年に209万人(平均観客27669人)を記録したが、以後、観客動員は伸び悩んでいる。

    西武、ロッテも横ばいが続く中、従来、人気も実力も低迷していたオリックスと、
    新興の楽天が客数を伸ばしてきたのだ。

    セリーグは、2007年にクライマックスシリーズが設けられてから2012年までは、
    巨人、阪神、中日、ヤクルトの4球団だけが進出し、広島、DeNAは4位以下に沈んでおり、4強2弱が定着していた。 球団の勢力図が変わらない中、観客動員も伸びなかった。

    しかし広島が2013年に初めてクライマックスシリーズに進出し、この年の後半には「カープ女子」ブームが始まり、 観客動員が急上昇。 さらにDeNAも親会社が変わり、中畑清監督が就任するとともに、観客数が一気に増加した。

    特に今年のDeNAは春先のスタートダッシュに成功したこともあり、平均観客動員は24670人と、
    2012年から8000人以上増加した。横浜スタジアムの客席の風景も変わった。
    広島も2012年から7200人増えた。黒田博樹の復帰などもあり「カープ女子」は健在だ。

    ■カープ人気が全国に広まる

    しかし、さらにデータを調べていくと面白いことがわかってくる。
    広島の人気とDeNA、オリックス、楽天の人気は全く異なるのだ。


    >>2以降に続く)

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150619-00010004-baseballc-base&p=2

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ