大瀬良大地

広島の大瀬良大地投手が11日、マツダスタジアムでの時間差分離練習に参加し、ブルペンで146球を投げた。

試合登板は3月20日の中日との練習試合(マツダ)以降はない。この日は、開幕戦で対戦するはずだった中日をイメージ。1回15球を目安にイニング間の休憩を挟みながら投げ切った。配球は自らで組み立てた。

120球を超えた“九回”には球が上ずる場面があったという。「九回に余計な四球があった。佐々岡監督には『あれならブルペンに電話をしてクローザーを準備するぞ』と言われてしまいました」。苦笑いをしたものの充実の内容だった。指揮官も「本人が考えながらやっていた。真っすぐ、変化球とも良い球を投げていた」と目尻を下げた。

「現状、これが試合の感覚で投げる最善だと思う。今日はできたかな」。シーズン中の中6日での先発を見越して、今後は1週間に一度の投げ込みを行う青写真を描いている。

https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2020/04/11/0013264032.shtml




・打線は何点取れたのでしょうかね。面白い取り組みですね。



・相変わらずハードな練習して。
心配だけど、なんか嬉しくなるニュースです。
  続きを読む⊂( ●▲●)⊃