広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    鈴木誠也2世

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    カープスカウト会議『鈴木誠也2世』になれる右の強打者

    788: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 21/01/09(土)16:18:54 ID:Qy.am.L1
    右の強打者補強に力点 スカウト会議で方針
    https://www.chugoku-np.co.jp/carp/article/article.php?comment_id=716358&comment_sub_id=0&category_id=124
    今秋のドラフト会議に向けた広島の第1回スカウト会議が9日、広島市南区の球団事務所であり、球団幹部や各地区スカウトらが出席し、方針を話し合った。
    上位の補強ポイントは右の強打者と確認した。

    指名候補として高校139選手、大学76選手、社会人39選手の計254選手をリストアップした。
    全国的に注目度が高い森木大智(高知高)、松浦慶斗(大阪桐蔭高)、小園健太(市和歌山高)、風間球打(秋田・ノースアジア明桜高)の4投手の映像もチェックした。

    白武スカウト部長は「今年はある程度、レベルが高い。鈴木がメジャー志望で、松山もベテランになるので中軸を担える打者を獲得したい」と説明した。

    790: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 21/01/09(土)16:37:09 ID:ea.ki.L6
    >>788
    上位ってことは一人は即戦力投手ってのもあるんかな左投手も少ないけどまあ右の大砲の方が少ないし上位3人中二人野手が安牌かな
    https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1609819510/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    カープ鈴木誠也が『野手キャプテン』就任が決まった理由

    広島・鈴木誠也 12年ぶり復活「野手キャプテン」就任が決まった理由

    広島では来季からキャプテン制が復活し、鈴木誠也外野手(26)が2009年の石原慶幸以来となる野手キャプテンへの就任が決まった。発案者の佐々岡監督は「いろんな意見を出し合いながらいいチームづくりをしてもらいたい」と求めたが、周囲が期待するのは後継者作りだ。

    驚異的な能力、そして努力でチームをけん引してきただけに、そう簡単に後継者が出てくるとは考えられない。そこでチーム内では鈴木誠本人の手腕による育成を求める声が上がっている。球団スタッフは「最近は若い選手へ打撃について熱心に教えたりしているが、田中広ら年上の選手も多いだけに遠慮もあると思う。だが、キャプテンという肩書がつけば思い切りできる。もっともっと助言をしていってほしい」と声を大にする。

    (全文はリンク先)
    https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/2528001/


    ・メジャー思考なのに。 は置いておいて。制度は良いと思いますよ。遠慮する年齢、実績でもないし。

    でもまだ伸び伸びやらせてあげたい気持ちもありますがそういうチーム状況になってきたのでしょうね。

    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    【急募】カープが『鈴木誠也2世』の大砲を育てる方法
    https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2018/03/22/0011092895.shtml

    3: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 2020-12-02 17:55:32
    これは、かなり前から指摘されてた課題だけどね栗原が故障して打てなくなってから
    誠也が覚醒して出てくるまで長かったからね。
    ホームランに関しては外国人に頼らざるをえない時代がまたきそうだな
    誠也がいる間にある程度、有望株が足がかりになるシーズンを作っておきたかったが
    事実上の来シーズンがラストという育成不足。

    8: ぶーんと逆襲するななC⊂( ●▲●)⊃ 2020-12-02 18:02:09
    堂林、野間の若手ツートップが鈴木誠也2世になるから見とけや!
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ