金本ビデオ判定_ドラフト会議
明大・高山のくじ引きでまさかのアクシデント ヤクルトが交渉権獲得と思いきや


「プロ野球ドラフト会議」(22日、グランドプリンスホテル新高輪)

 阪神、ヤクルトの2球団が高山俊外野手(明大)を1位指名。くじ引きで大きなミスが起きた。

くじ引き役として阪神・金本監督、ヤクルト・真中監督が壇上へ上がった。先にくじを引いた金本監督は最初に触れたくじを手放し、もう1枚のくじを選択。残りの1枚を引いた真中監督が、中身を確認して即座にガッツポーズを決めた。

 金本監督が球団のテーブルに戻り、真中監督は交渉権獲得のインタビューを受けたのだが…。

 その後、NPBの井原事務局長がマイクを持ち、当たりくじの確認ミスがあったとアナウンス。実は阪神が当たりくじを引いていたことが発覚した。

 改めてインタビューが行われ「ビデオ判定でホームランに覆った、そういう心境です」と金本監督。「真中監督の叫びにだまされて見れなかったんですよね」と、当たりと勘違いしてガッツポーズした真中監督の勢いに押された様子だった。
(続く)

http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1445530488/
1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2015/10/23(金) 01:14:48.74 ID:nOilogPb0.net
な広関

続きを読む⊂( ●▲●)⊃