広島カープ_菊池涼介_優勝_3連覇_手記

【広島・菊池手記】攻める守備は信念…打てない分、何倍も何百倍も守ってやろうと

~中略~

 個人では反省が少なくない。総じて状態が上がらなかった。打てない分、二塁守備では何倍も何百倍も守ってやろうと思っていた。

 あれは7月20日の巨人戦。2点リードの7回無死一塁で、一、二塁間へのゴロを捕り、体を左回転させて二塁へ送球した。ただ、微妙にそれた。今季初失策。痛恨だった。結果的に追い付かれ、本当に申し訳ないと思う。

 でも、あのプレーに悔いはない。攻めた結果だから。そこが自分の中では一番大事だ。二塁でアウトにできたら、投手はどれだけ楽か。攻め切れれば、間違いなく楽になる。今季はここまで3失策。攻めなければ、シーズンゼロ失策の可能性があるかもしれない。でも、攻めない守備に何の価値があるのか。それは僕の信念だ。

 (投手陣に)四球が目立った春先は、またか…と思うこともあった。でも、野球は9人でやる競技。レギュラーが感情を表に出すと、チームじゃなくなる。二遊間寄りに守っているのは、投手の足元を抜けるゴロが多く、それをケアするためだ。

チームが勝つために何ができるか。打てないなら、守りは絶対に――。今季は常に自問自答した。

(全文はリンク先)


247: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/09/27(木)09:55:31 ID:SHk
菊池手記

投手の四球に「またか」と思ってた模様
守備位置が二塁寄りなのは投手がピーゴロを取らないからの模様
やっぱ去年のCSは琢朗河田退団発表の影響があった模様

250: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/09/27(木)10:03:05 ID:jWn
>>247
色々考えてるんだな
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1537967100/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃