広島東洋カープまとめブログ | かーぷぶーん

広島東洋カープが「ぶーん」と飛躍するまとめブログ。試合結果や速報+動画、2chのまとめ、カープファン情報やオリジナル記事等を掲載。試合中はTwitterでリアルタイムでよりプロ野球が面白くなるネタ画像を配信!優勝への合言葉は「共に戦おう」

    2017


    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/02/25(日) 18:40:24.28 ID:Lg0rOe230
    WAR ()内は出場数トップ
    1広島 會澤 2.6
    2福岡  甲斐 2.2
    3ヤク 中村 1.8 ※打席数捕手1位
    4千葉 田村 1.6
    5楽天 嶋嶋 1.0
    6西武 岡田 0.8(炭谷0.4)
    7中日 松井 0.8
    8阪神 坂本 0.7(梅野0.3)
    9横浜 嶺井 0.6(戸柱0.1)
    10ハム 大野 0.3
    11オリ 伊藤 0.2
    12巨人 小林 0.2 ※守備指標1位
    WARは、「そのポジションの代替可能選手に比べてどれだけ勝利数を上積みしたか」を表す指標である。
    WAR評価基準


    2: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2018/02/25(日) 18:40:49.40 ID:Lg0rOe230
    本当の実力はこうだった
    http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1519551624/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    1: 風吹けば名無し 2018/03/01(木) 21:10:52.34 ID:JO3/wU+V0
    新井
    https://www.daily.co.jp/opinion-d/2018/03/01/0011027627.shtml
     113打数42安打、6本塁打、打率・372。昨季、新井が直球を打った数字だ。打率・372は100打席以上立った打者の中で12球団トップ。

    速球に振り負けず、しっかり捉えられていることが分かる。コース別に見ると、真ん中から外角高めにめっぽう強く、打率は5割以上。 ただ、新井にとっては意外な数字だったようで「どういうこと?真っすぐをよく打っているということ?12球団1?すごいね!」と目をパチクリさせた。

    年齢を重ねると直球に振り負けたり、球を捉えたと思っても空振りすることがあると聞くが、
    新井にはまるで当てはまらない。成績低下に直結すると言われる目の衰えも、全く感じないという。

     「全然ないんよね。年取ったら目に来る、真っすぐが速く感じるとか言うけど全くない。目のトレーニング?何もしてない(笑)」
    7: 風吹けば名無し 2018/03/01(木) 21:12:21.75 ID:Nr4MMc3/p
    サファテの158キロをクリーンヒットしててびびった
    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1519906252/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    カープ岡田明丈パワプロVR体験

    パワチャン2017VR体験 (1)

    ファン待望の「パワプロ」最新作が4月に発売!初搭載のVRモードに選手も大興奮


     株式会社コナミデジタルエンタテインメント(以下コナミ)は6日、『実況パワフルプロ野球』シリーズの最新作となる『実況パワフルプロ野球 2018』(PS4/PS Vita)を、2018年4月26日に発売することを発表した。

     コナミが誇る国民的野球ゲーム『パワプロ』の最新作。新要素や各モードの詳細はこれからのお楽しみとなるが、6日に幕張メッセで開催された「パワプロチャンピオンシップス2017 全国決勝大会」にていち早くお披露目されたのが、シリーズ初搭載となる「VRモード」である。

     VRとは、バーチャルリアリティの略。専用のゴーグルを着用することで、まるで自分が画面の中の世界にいるような感覚を味わうことができるというもの。PS4版で「PlayStation VR」を使ってプレイすることができる。

    (全文はリンク先)
    https://baseballking.jp/ns/141687


    ■「パワプロチャンピオンシップス2017全国決勝大会」に12球団選手が駆けつける。
    チャンピオンシップス2017


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    鈴木誠也筒香嘉智ライトスタンドホームラン
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/11/21/kiji/20171121s00001173015000c.html


    【12球団番記者が振り返る・広島】セ相手に負ける姿想像できなかった

     担当した2年間でリーグ連覇。Bクラスの常連だった頃を知らないから、カープは勝って当たり前のチームだった。何でもできるタナキクマルがいて、若き4番の誠也がいて、勝負強い松山や新井が脇を固めた。黒田が抜けた投手陣も薮田や岡田が急成長し、勝ちまくった。

     大げさでなく、たとえ短期決戦でも負けるところが想像できなくなった。少なくともセ・リーグ相手には。だからこそCSでの敗戦はショッキングだった。広島には細かいミスが出たし、相手の采配はズバズバ当たった。いわゆる流れをつかめなかったわけだが、負けるときはこうもあっさり負けるもんなんだなと。

     「自分たちの野球ができなかった」と振り返った選手が何人もいた。3連覇がかかる来季も本命視されるのは間違いない。進化して、乗り越えて、今度こそ日本一を見たい。
    http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20171231-OHT1T50159.html



    ・5月7日の甲子園での9点差逆転負けがあったからこそ、リーグ2連覇を達成したと思う


    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    菊池涼介テニス


    5: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/12/31(日)18:02:31 ID:BBc
    菊池のやつ始まったら起こしてクレメンス

    6: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/12/31(日)18:03:05 ID:15J
    テニスVS菊地
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1514710628/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    田中広輔2017年セリーグトップ項目


    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/12/30(土)20:37:22 ID:UwE
    田中広輔(2017年)

    ・セリーグ最高出塁率  .3982
    ・セリーグ最多盗塁数  35盗塁
    ・セリーグ最多盗塁死数 13盗塁死
    ・セリーグ最多打席数  679打席
    ・セリーグ最多死球数  15死球
    ・セリーグ最多失策数  16失策
    ・セリーグベストナイン 初受賞

    ※最高出塁率と盗塁王の同時獲得は、イチロー、山田哲人に次いでNPB史上3人目
    12: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/12/30(土)20:41:20 ID:azF
    >>1
    最後の行が地味にすごい
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1514633842/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    西川龍馬_薮田和樹_ヒロイン
    https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/08/12/0010457649.shtml

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/12/29(金)19:35:19 ID:t8m
    どれや?
    今年は7/7と9/5という二強があるけどワイは7/7の方
    理由は去年の8/7と日にちが被ったりその日が七夕だったりと
    とにかく印象に残り過ぎの日だから
    2: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/12/29(金)19:39:36 ID:GWz
    七夕の奇跡
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1514543719/ 続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    1: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/12/01(金) 21:25:52.12 ID:CAP_USER9
    「熱盛」「謎の魚」「源田たまらん」「ブルゾン京田」…2017年プロ野球「新語・流行語」を振り返る! 
    2017.12.1 16:00 dot. 
    https://dot.asahi.com/dot/2017120100043.html?page=1 

    オールスターで、他球団のマスコットに追われるロッテの「謎の魚」(c)朝日新聞社 
    プロ野球2017年流行語大賞

    今年も残り1カ月。ソフトバンクの2年ぶりの日本一で幕を閉じた日本プロ野球だが、長く険しいペナントレースの中で様々なドラマが生まれ、多くの興奮と感動に包まれた。その中で、新たな『ワード(言葉)』も登場し、話題になった。師走の候、2017年プロ野球界の「新語・流行語」を振り返りたい。 

    ■『熱盛』 
    テレビ朝日の「報道ステーション」上の演出で、プロ野球の“熱く盛り上がった”プレーシーンを紹介する際に用いられた言葉。寺川俊平アナウンサーの雄たけびとともに画面上に「熱盛(あつもり)」スタンプが! 由来は同番組の野球担当・稲葉篤紀氏のファーストネームから? LINEスタンプも人気を博した。 

    ■『謎の魚』 
    ロッテの“キモキャラ”の新マスコット。5月に登場し、SNS上で話題に。「幕張の海にすむ謎の魚」の第一形態から、足の生えた第二形態として球場に姿を現すと、6月のマリンフェスタでは、口から骨の姿の本体(?)が飛び出る第三形態に進化。ファンの悲鳴が上がった。 

    ■『歩いてまえ打線』 
    12球団最多の531四球を記録した今年の阪神打線。チーム打率.249に対しての四球の多さも目立ち、近鉄の代名詞であった「いてまえ打線」をもじり、「歩いてまえ打線」と呼ばれるようになった。良く言えば、「選球眼の良さ」「打席内での粘り」とも取れるが、何ともネーミングに迫力不足が……。 

    ■『源田たまらん』 
    ルーキーとして56年ぶりの全試合フルイニング出場を果たしてパ・リーグの新人王に選ばれた西武・源田壮亮。華麗なグラブさばきで好プレーを見せると、西武ファンの間で「#源田たまらん」のハッシュタグが大賑わい。語呂の良さも相まって「たまらん」のワードがすっかり定着した。 

    ■『ブルゾン京田』 
    堅守・俊足・巧打でセ・リーグの新人王に輝いた中日・京田陽太。本拠地ナゴヤドームで打席に入る際、お笑い芸人のブルゾンちえみのネタで使用されているオースティン・マホーンの『Dirty 
    Work』の曲に乗って登場する。竜党は「35億~!!」と叫んだ。
    330: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/12/28(木)23:11:06 ID:IVm
    神ってる去年か
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1513993765/
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1512131152/
    続きを読む⊂( ●▲●)⊃

    このページのトップヘ