12球団年俸UP率ランキング
https://hochi.news/articles/20191206-OHT1T50251.html

球界“高給取り”は誰? 巨人菅野が最高6.5億円、アップ額1位は楽天浅村で2.9億円増

アップ額の1位は2.9億円増の浅村、2位はソフトバンクの森で1.8億円増

○アップ額5傑

1 浅村栄斗(楽天)↑2億9000万円
2 森唯斗(ソフトバンク)↑1億8000万円
3 千賀滉大(ソフトバンク)↑1億4000万円
3 松井裕樹(楽天)↑1億4000万円
5 森友哉(西武)↑1億2000万円
5 鈴木誠也(広島)↑1億2000万円
 
 年俸のアップ額でトップだったのは楽天・浅村で今季から2億9000万円増。昨オフにFA権を行使して楽天に移籍した際に4年総額20億円程度で契約していた。移籍初年度の年俸は前年度と同額が上限と定められているため、2億9000万円という大幅なアップとなった。

 アップ額2位はソフトバンクの森唯斗投手。今季、プロ入りから6年連続50試合超登板を果たし、守護神として35セーブをマークした。来季中にFA権を取得することもあり、1億8000万円の大幅アップに。球団の日本人としては史上最高額となる年俸4億6000万円で固定制4年契約を結んだ。

 森に続いたのが、同じソフトバンクの千賀滉大投手。今季ローテを守り抜き、13勝をマークし、ノーヒットノーランも達成した。1億4000万円増の3億円での契約更改となった。初の最多セーブのタイトルを獲得した楽天の松井裕樹投手も千賀と同じ1億4000万円増。西武の森友哉捕手、広島の鈴木誠也外野手が1億2000万円増でこれに続いた。

(全文はリンク先)


・誠也の年俸、2~3年後カープ払えない額になるね。

メジャーで更にその何倍も貰ってくれ。
そして最後はカープに戻って来てね。


続きを読む⊂( ●▲●)⊃