広島・広陵キャプテン「中村奨成は僕達の学年の顔」

2017年夏の甲子園準優勝 広陵を支えた背番号18の主将が中村奨成に送るメッセージ「プロ野球が終わった時に周りに誰もいなくなるぞ」

ユニフォームを脱いだ今、野球を続けているかつてのチームメイトに対して何を思うのか。やはり、女性問題を起こしたあの選手のことが気になって仕方がない。

「奨成は僕たちの学年の顔です。僕は、誰であっても広陵の3年間をともにした仲間を見捨てることはしません。もちろん、奨成にも話しました。プロ野球選手としての責任、自覚、立場、それぞれにしっかり分別を持たないと『プロ野球が終わった時にまわりに誰もいなくなるぞ』と言いました。いい時も悪い時も、あの夏の甲子園があるから話題になる。今一度それをしっかりと認識しないといけない。それは本人が一番わかっているはずです」

岩本にとって中村は特別な存在だ。おそらく、中村にとってもそうだろう。

https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2023/12/13/2017_18/

・あの夏が終わってから、彼はケガを治してきっとプロ野球に進むと思い、長い目で気になりながら、遠くから応援していました。少し残念ですが、最近の広陵では頭から離れない印象に残っているキャプテンです。野球の指導者という選択も残ってます。まだ岩本淳太物語は続くはずです。
 





【関連記事】






「あのチームのキャプテンが僕で、3番でキャッチャーだったのが奨成。グラウンドでも寮でもずっと一緒にいて、いろいろなことについて話をしてきました。奨成の一連の報道についても、プロに行く前から口酸っぱく言っていれば、こんなことにはなっていなかったのではないかと思います。普段からもっと密に連絡をとっていれば......僕が悪いです。決して他人事とは思っていません。

厳しいプロの世界のなかで、勝ち抜き、活躍することは本当に難しいことだと思います。しかし、奨成ならやってくれると信じています。ずっと応援していますよ」

(全文はリンク先)


・高校生の3年間て本当に貴重で。野球をそれなりにガチでやっていた人ならわかるはず。
他のクラスメイトの様に好きに遊んだりデートしたりは出来なかった。でも何年、何十年経ってもあの日のことで笑い合ったり、連絡を取れる信頼できる仲間が出来た。
遊んでばかりの3年間じゃなくてよかったなと。彼らを見ていると本当にそう思う。



→いいチームだったんだなあ



・「人生に意味のない経験はない」






・OBです。
もちろん当時も応援してましたし、岩本くんの投手として復帰も喜んでましたがこの記事で引退を知りました。
本当にお疲れ様でした。
よく頑張りましたね。

中井先生がキャプテンに指名した男です。
これからの貴方の活躍に期待します。



・何で自分がキャプテンに?なんておっしゃってたけど、この文章読んでたら直ぐ分かる。



・来季から広島カープの背番号九十何番のキャッチャーの選手に読ませたい



・中村奨成もこういう良い友達がいるんだから、今度こそしっかり頑張って欲しいね。



・本当に良い記事だと思いました。
恩師やチームメイトだけでなく取材してくれたライターさんにも配慮できる人間性は素晴らしい。証券マンの仕事は大変だろうが、彼ならビジネスシーンにおいても成功すると思う。

そして中村奨成は岩永君の想いを裏切ったらいかんよ。

「プロ野球が終わった時にまわりに誰もいなくなるぞ」

こんなキツいけれど愛情のこもった言葉を掛けてくれる同級生が居てくれる事を感謝しないと。

彼が名門校のキャプテンという重責を代わりに担ってくれたお陰で、奨成は試合に集中できて実力以上のプレーを発揮できたのかもしれない。
そうでなかったらオーナー案件でねじ込まれた地元カープからのドライチ指名はなかった。正直マイナス評価からの巻き返しが必要なのだから、不退転の決意で自主トレを積んでキャンプでアピールしないと来期でお終いになる。自分一人が悔しい思いをするだけではない事を肝に銘じて欲しい。



・いい話です
中村奨成 ちゃんと聞いてるか?
周りよりも自分がと考える人間が多い中
今でもこんな思いを持っている仲間が
ここにいることを、、、

この思いを少しでいい
胸に秘めて来季 悔いのないように頑張れや!
彼が話してるように潜在能力はあるんだから



・今いなくなり始めてるとおもうけど、それをそのままにするか戻ってきてもらうかは自分次第だ。背番号二桁でいられる意味を考えて頑張ってほしい



・いい記事ですね。有難うございます。

息子も高校から野球を始め、
大学でも野球を続けましたが、
1年生の時に肘に怪我をして手術。
結局その怪我でグラウンドには立てず、
マネージャーとして選手を支え、
無事に来春シーズンは1部に復帰、
野球部生活を終え、4月から社会人です。

やりたかった野球は思ったことの半分もできなかったかと思いますが、

「人生に意味のない経験は無い」

という言葉を帰ったら伝えようと思います。








・中井監督が発信した「人生に意味のない経験はない」という美学は、当たり前のことを言っているのだけれど自分のものに落とし込もうとすると深くてずしりと重い言葉です。

私自身もこの言葉を心に留め、悔いなく一度きりの人生を生き抜きたいと思いました。



・中村奨成君はこの記事読んどるかの?
周りは敵ばかりじゃないし気にかけてくれるいい仲間がいるんだからもう一度頑張ってくれ。



・精神的にも肉体的にも辛いことの多い、あるいは辛いことばかりだった野球人生なのかもしれないが、野球人生の最後の言葉が「感謝」だったのですね。真剣に取り組んだら、その事にまつわる人々、そしてその事自体に、感謝の気持ちが自然に湧いてくるのだと思われます。中村奨成もそんな境地にいたれるように最後の数年、真剣に、野球に立ち向かってもらいたい。



・ええ子や。名監督に人格者。そりゃキャプテンになるはずさ。そりゃ野球だからポテンシャルが一番大切だけど、人柄って同じいやそれ以上に大切ですね。だって後々の人生にずっとついてまわるんですものね。人も寄ってきますしねぇ。
いい記事でした。



・中村の事についても自分に責任があるような発言。これこそ本当の友達と呼べるものであろう。中村は果報者だ。恐らく来シーズンが最後のチャンスと思うので、この友達の想いを噛みしめて結果を出して欲しいですね。
 




【「かーぷぶーん」のYouTubeチャンネルを開設しました】




『カープファン100人オフ会』12/17(日)の追加募集中





__________________

 

カープのブログランキングに参加しています。1ポチしてもらえると更新の励みになります
(´人・ω・`)オネガイ
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(野球)へ
カープのブログランキングを確認
野球全体のブログランキングを確認